このままでいいのか、人生このまま終わりたくない、自分の生き方がわからない

このままでいいのか、人生このまま終わりたくない、自分の生き方がわからない。そんなことをいくら悩んで、人に相談しても、それなりのソリューションは帰ってこない。なぜか?みんなそういうことを思っていて、みんな押し殺しているから。黙殺しているから。だから周りに相談したっって、彼らも彼らで自己正当化に必死だから、鬼のように「そんな甘えたこと言うな」という感じをぶつけてくる。あぁ・・・・難しいですね。

一つ、ヒントをあげましょう。私が一番最初、「人生このままで良いのか」と思ったのは15歳ぐらいの時でした。このままで良いのか、と思ったからこそ必死に情報を漁り、何かを探そうとしました。何かを変えようと思いました。結果的に、何か道筋を見つけて、上手に方向性を見出したり、人生の乗り換え駅を乗り継いできた。だから、

「人生このままでいいのか?」

とか

「人生このまま終わりたくない」

と思うのであれば、それはサイン。シグナル。これを感じられているということは、変われる素質があるってこと。恐ろしいことに、不感症が加速するとそれすらも感じなくなるからね。だから、そういう感覚があるのは良いこと。じゃあ、その次はどうしたら良いのだろうか。それはやっぱり、必死になって探すことだと思う。探して、探して、探しまくれば良い。そうやって、何か見つけたときに、「うわ、これだ!!!」っていう瞬間が来る。その瞬間が降りて来ると、人は自然と動けるもの。何がなんでも動こうとするもの。周りを振り切ってでも動こうとするもの。

でも、一つ言っておくと、もっとお金が欲しい、もっと良い家に住みたい、もっと良い女を抱きたい・・・・みたいなものも、結局、満たされていくと今度はまた別の願望ステージに移っていく。そういうものを一通り繰り返していくと、ある程度、人生について悟るようになる。人生とはすなわち、変化や成長、チャレンジを楽しむものだ、って。ちょうど、目的に向かうことや目的を探すことに必死になっていたのに、ふと、横を見ると美しい景色がたくさん広がっていたことに気づく感じ?初めて、その瞬間に人生は旅行なんだな、と気づけるようになる。だから、こうやって考えたら、いちいち、何を得るかとか失うかとか気にする必要なんてなくて、大事なのはプロセスだってことに気づけるようになる。

プロセスを楽しむのが人生って。

「今の地位を捨てて・・・」とか「今の立場を捨てて・・・」とか「今の環境を捨てて・・・・」ってのが怖いって考える人いるけど、そういう、安心な状況に対して、プロセス的な意義を見出せず、報酬だけにしがみついているのなら想像してみてほしい。それが、5年、10年経った後に、何の報酬ももたらさなくなったとしたら、あなたに何を残すんだろうね。

そう、後悔だよ。

行きたいと思ったら行くんだよ。ただそれだけだ。その向こうで、新しい世界が待っている。その世界を前もって知ることなんてできない。だから、今あるものの損失ばかりが頭にある。そして、比較考量してコスパとか損得の判断をする。それがもう、間違い。

面白そうなら、やれよ。それだけだろ。

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる





800px-LineartPresRev


お仕事は、無職です。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。