この国ではプロフェッショナルな仕事には学歴だけでなく経験も求められるんです。

あの時は大学院にさえ行けば、他の四年制卒の連中よりチャンスが倍増するだろうと思ったんです。でも結果はそう甘いものではありませんでした。この国ではプロフェッショナルな仕事には学歴だけでなく経験も求められるんです。インターンは大学院生ならするのが当たり前と考えられているため、社会経験としては力になりません。ーp129

軍に入れば借金から抜けられるだけでなく、さまざまな職種を経験して人生の目標が見つかると思ったんです。ーp134

アメリカは、かなり悲惨。中流階級は医療で破産し、貧困は戦争に送られ、高騰しまくる教育費に治安の悪さ。高所得層と貧困層が分断され、公共サービスは腐敗。失業手当も救済も無い。荒廃した街もチラホラ。人種差別問題も。うーん、これは四面楚歌。

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる





800px-LineartPresRev


お仕事は、無職です。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。