あなたは天才になれる!みんな嘘つき!!ほとんどの大人は無能で参考にならない!その理由はこれ!!

  • 家買ったよ〜〜 (←親からの援助)
  • お店始めたよ〜〜 (←親からの援助)
  • ブランド品買いまくって海外旅行三昧〜〜〜 (←実家暮らし)
  • 自由に生きてブロガーやろうぜ〜〜〜 (←嫁の給料、安定した高給を持つ嫁というバックアップがあっただけ)
  • 人生深く考えるな!楽にやれ!テキトーにやれ!なんとかなる! (←実家金持ち、嫁の給料、嫁の実家)
  • 社長だよ〜〜〜 (←ただの下請け、奴隷型子会社社長、同年代サラリーマンより薄給、赤字、ネットワークビジネスなどの末端営業、フランチャイズ)
  • 若くして社長だよ〜〜〜 (←親の基盤継いだだけ)
  • 「人生何とかなるって!」 (←実家の家業を継ぐというオプションがある)
  • 若くして店長だよ (←親のビジネスで店長やらせてもらってるだけ)
  • 大企業で高給だよ〜〜〜 (←組織の歯車、本人無能、会社の看板と名刺失ったら即終了)
  • リッチ族だよ〜〜〜 (←パトロンあり、広告塔として支援を受けながら客寄せパンダ仕事をしているだけ)
  • 高級車、タワマンドヤァ!! (←テレビ出演、雑誌出演用のレンタル)
  • 経営ノウハウを語る偉そうな社長 (←ただのサラリーマン社長で実際のところは組織の階段を登っただけ、企業の形や仕組み、ブランドはそれ以前にできている。ちなみに、世の中の社長に決断力がない、組織が変わらないのは、本人が経営についてスーパー無能で物事を決められず、自分の任期中に何も大ごとを起こしたくないから、何もしないで無難に任期を終えたいだけ)
  • 株で●●稼ぎましたぁ!! (←金融業界の広告塔、作り話、メディアの嘘話、アベノミクス等の瞬間的なバブルに乗っただけ)
  • 投資家です!! (←海外ブックメーカー、プロ競馬師、バイナリーオプション)

 

ちなみにですが、例えば早稲田慶応とかの大学の場合、親のコネ、ボンボン、あるいは学閥を活かした変な企業を起こして若くして社長ぶってるのがいて、大学卒業をしてプラプラニートをしていても、大学の友達に誘ってもらってそこの会社に就職させてもらう・・・・・とかいうオプションがあるようで、実際、そういう無能なポンコツを腐る程見たことがあります。

地方だとほら、一族経営のバカ会社のバカ息子バカ社長の元で働いていて、イライラしている人とかたくさんいるでしょ?

私の知り合いにも、なんとか大手との付き合いがあるそこそこのベンチャーの社長とかいますけど、この人名ばかりで経営能力皆無のポンコツで、会社傾かせて買収されて株主(親会社)に言いなりのただの実態・中間管理職とかだったりして、こういう社長が偉そうに会社でデーンとトップ立ってたりしますからね。

 

上には上がいますし、私もすげーなーって思う人いますが、西園寺さんってスーパー有能ってことを覚えておいてください。

まず、そこらへんにいるのは大体、相手になりません。

人生うまくいっていない人がなぜうまくいかないかというと、見る目ないからです。誰が上で、下で、自分の値打ちや位置はどのくらいで、とかいうのを完全に見誤っているから失敗するわけ。

 

ニーチェは言いました。

夫婦とは会話である。そして後のことは時間が過ぎれば全て変わると。

 

人を評価するにあたり、何を着ているか、化粧が上手いか、何乗ってるか、美人かイケメンか、どこに住んでるか、どこ出身か、何人か・・・・

等々、評価項目は色々ありますが、

一番最強なのは書かせて面白い、話させて面白い、会話して面白い人間に決まっています。それはfunnyという意味ではなくてinterestingという意味です。もちろん、相性問題等々もありますけど。

 

結局のところ、人生は人を見る目というところに収斂されますからね。人を見る目がなくても、せめて、ゴミ屑は拾わないようにしておきたいところ。

 

ちなみに、この世にある職業の中で、「資源調達→投資→利益創出」という流れに注目した時、最もすごい職業はエミネムのようなラッパーとか、メジャー誌に載らずに一大ブームを起こすような漫画家とか、そういうものだったりします。

 

ヒカキンとかも、ある意味、とんでもないですよ。マイク一本握らせて人前に立たせれば、世界共通で「おもしろい」とか「すげー」とかいう何かを持っている訳であって、それをたかだかいい大学に出ていい企業に入ってパーツを構成している人間が見下すとか言語道断。

学問は先人が切り開いただけ、大学ブランドは卒業生及び在学生が作ってきただけ、大企業は誰かが作ってきただけ、それをなぞっただけで威張れる発想はどうかしています。

 

意外とこういうものがすごいと思われてなく、大企業サラリーマンとかを盲目的に持ち上げている人とかいます。

当たり前ですけど、大企業に入った人が偉いんじゃなくて、大企業創った人が偉いんですからね。

高難易度資格保持者とかも、「有資格者」という地位だけ見た時、それそのもの原点に注目すればペーパーテスト受かっただけです。

 

たまに、私と比較する対象を間違えているっていうか、私のことを変な誤ったカテゴリーで当てはめて見たり、私と比べる比較対象を間違えていたり、間違った上下序列認識でいい加減に話しかけてくる無知のくせに偉そうな知ったかぶりの奴いるんですけど、一応、優しいので優しく対応してあげますけど、しかも元接客業経験者としてヘーこらしてやってますけど、内心、

ぶっ●すぞ、お前

と思っています。そう思う奴が腐る程います。

 

これは別に、マウンティングじゃないですよ。

何もないところから、社会階級で下の方から、コネクションなどもほぼあって無いような状態から業を起こして、独自マーケティングで独立的にビジネスをやっていくということの苦労というか、意味というか、価値とか、わかっておきましょう、ということです。

 

日本人の中で最強は鳥山明説とか、尾田栄一郎説とか、高橋和希説とか、青山剛昌説とか、井上雄彦説とか、松本人志説とか、ビートたけし説とか、やなせたかし説とか、長谷川町子説とか、さくらももこ説とか、案外バカにできません。本当に。

彼らが先生と呼ばれ、例えばテーマパークが集客を、そういったコンテンツに頼ったりしているところからも、そのすごさがわかると思います。実際、著名な漫画家の出生地などでは、役所が金出して銅像立てたりしますね。

その点でウォルトディズニーとかも半端ないです。

キングコングの西野さんがウォルトディズニーをトップオブザトップとして、ライバル視しているのにもワケがあります。

著名な大企業の社長は元小説家希望で断念した人だったりしますよ。森ビルの社長は元小説家希望、あとどっかのコンサルの社長もそうだったし、ウォンテッドリーの社長は漫画家目指して挫折しましたね。

元マッキンゼーで今芸人の石井てる美は上司に、「芸人になるのはなれると思うけれど、芸人で成功するのはマッキンゼーで出世するよりはるかに難しい」というアドバイスを受けて退職しています。

 

PS

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55873?page=5 (一発屋を消費してきた全ての人間たちへ)

こちら、ご覧ください。

一発屋芸人もすごいバカにされていますが、実際、とんでもない偉業です。サラリーマンは、「へっ、どうせ芸人なんて食えねぇぜ、やっぱ俺みたいに無難に生きている方が正解で正しいな(知的な行動だわ)」みたいに思っているのでしょうが、それはそれでいいのですが、自分が彼らより上という認識はパーフェクトに間違っています。

一発屋芸人とフツーのサラリーマンを丸裸で路上にポン、と投げ捨てればどっちが生き残るかテストすればわかるでしょう。

芸人が貧乏でも彼女いたり結婚するのはワケがあります。そこらへんのワープアサラリーマンよりモテてるでしょう。

女性は、本能的に、自分と母子の生存確率が高くなる相手を選択する生き物です。生命力が、芸人の方にあると判断しているワケです。

 

エクセル、ワード、パワポいじれて、ネクタイの締め方とスーツの着方覚えて、社会人としての常識覚えて、飲み会の作法を覚えて、会社での仕事を覚えて、「あー、俺東京のど真ん中で大企業で働けてる勝ち組ー!」とか思って、帰りの電車でユーチューバー見ながら、「こいつバカだなぁ、アッハッハ」みたいな感じで見下しながらも「笑ってやったぜ」的な気持ちでいる人間は勘違いです。

残念ながら。

もちろん、「まっとうな生き方」とか「無難な」みたいなのはあると思いますが、少なくとも視聴者の俺が上、は思いっきり勘違い。

 

実は、世の中というのは、世間で「下に思われている存在が実ははるかに上」ということがよくあります。

はるかに上、とんでもなく上、というのは実はシャバの底辺に潜伏しているものです。

 

A:アンパンマンを生み出したおじさんがこの人です
B:あの有名企業の部長さんがこの方です

と二人のおっさんが目の前に現れたら、大方の人はBの方に「すげー」とか「ヘコヘコ」するかもしれませんが、私の場合、アンパンマンを生み出したおじさんの前に膝をつきそうです。

 

クリスマスデートで使ったら怒られるであろうサイゼリヤさんとかも、ビジネスという視点で見れば創業者の有能さは群を抜いており、落伍者の代名詞である「コンビニ店員」「マック店員」なども、事業のシステムとかレベルの意味で言えば群を抜いているのが日本のコンビニ、マクドナルドです。意識の高い出世した社長とかは、下積み時代に本業とは別に、休日にわざわざ勉強目的でマクドナルドに勤めた人とか結構います。

実は、「とんでもなくすごいもの」は身近にある、落ちているものですよ。

みんな持っている「iphone」とかも、作っている会社、世界No.1ブランドカンパニーでしょ、起業家天才でしょ。わかるでしょ。ねぇ。

 

ポケモンとかもみんなやったでしょ。あれ生み出した人、どんだけ天才かっていう。

 

本当にガチで偉い人ほど、マジで謙虚で人当たりがよく、ペコペコして頭ばっかり下げているというのは本当の話です。

 

士農工商の価値序列があった時代も、結局、一番財を蓄えて裕福だったのは庶民層であって、その上にある階級は激変が起こり続けました。

今どうですか。サムライいますか。貴族いますか。いないでしょ。

でも、「創業明治」とか「創業大正」とか、「江戸時代から・・・」みたいなビジネスは残ってるでしょ。

 

ブログやメルマガにコンテンツを投下するビジネスに興味を待ってるそこの君。

もしかしたら、

『そんなことしてていいのかな』

とか

『大企業行った友達相手に誇れないわ』

とか思ってるかもしれませんが、実際は全くの逆です。

 

あなたがそこで何かを成したら、一気に天才扱いコースです。

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる





800px-LineartPresRev


お仕事は、無職です。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。