世界の天才たち

  • ノイマン
  • ゲーテ
  • ダヴィンチ
  • ガリレオガリレイ
  • ライプニッツ
  • ニコラ・テスラ
  • アインシュタイン
  • シェークスピア
  • プラトン
  • アリストテレス
  • ニュートン
  • コペルニクス
  • ガウス
  • オイラー
  • キュリー
  • バッハ
  • カント
  • ピタゴラス
  • ミケランジェロ
  • アルキメデス
  • モーツァルト
  • ダーウィン
  • フランクリン
  • ケプラー
  • ジェファーソン
  • ラマヌジャン
  • ベートーベン
  • ナイチンゲール
  • スティーブ・ジョブズ
  • ウォルトディズニー
  • マイケルジャクソン

あげたらきりがない。

渋沢栄一、福沢諭吉、美空ひばり、安藤百福、吉田松陰、ケインズ、オードリーヘップバーン、伊能忠敬、織田信長、家康、秀吉、龍馬、西郷どん、諸葛孔明、松下幸之助、夏目漱石、新渡戸稲造、エジソン、マザーテレサ、ケネディ、マザーテレサ、ヘレンケラー、手塚治虫、ジョンレノン、サイディズ、ガロア、テレンスタオ、マリリン、マクスウェル、パスカル、ワイルズ、ホーキング、、、、

秋元康氏が、作詞家という肩書きにこだわる理由と、進路を決めたきっかけが美空ひばりさんに褒めてもらえたからだった、という話は興味深い。偉人からの系譜というか、(権力ではなく)、権威の伝統、系譜というのは重要だと思う。

 

ちなみに、Life’s 100 most important people of the second millenniumによると、以下100人。

1. トーマス・エジソン (アメリカ)
2. クリストファー・コロンブス (イタリア)
3. マルティン・ルター (ドイツ)
4. ガリレオ・ガリレイ (イタリア)
5. レオナルド・ダ・ヴィンチ (イタリア)
6. アイザック・ニュートン (イギリス)
7. フェルディナンド・マゼラン (ポルトガル)
8. ルイ・パスツール (フランス)
9. チャールズ・ダーウィン (イギリス)
10. トーマス・ジェファーソン (アメリカ)
11. ウィリアム・シェイクスピア (イギリス)
12. ナポレオン・ボナパルト (フランス)
13. アドルフ・ヒットラー (ドイツ)(オーストリア)
14. 鄭和 (中国)
15. ヘンリー・フォード (アメリカ)
16. ジークムント・フロイト (オーストリア)
17. リチャード・アークライト (イギリス)
18. カール・マルクス (ドイツ)
19. ニコラウス・コペルニクス (ポーランド)
20. ライト兄弟 (アメリカ)
21. アルベルト・アインシュタイン (ドイツ,アメリカ)
22. マハトマ・ガンディー(インド)
23. クビライ(モンゴル)
24. ジェームズ・マディスン (アメリカ)
25. シモン・ボリバル(南アメリカ)
26. メアリ・ウルストンクラフト (イギリス)
27. グリエルモ・マルコーニ (イタリア)
28. 毛沢東 (中国)
29. ウラジーミル・レーニン (ロシア)
30. マーティン・ルーサー・キング・ジュニア (アメリカ)
31. アレクサンダー・グラハム・ベル (アメリカ)
32. ルネ・デカルト (フランス)
33. ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン (ドイツ)
34. トマス・アクィナス (イタリア)
35. エイブラハム・リンカーン (アメリカ)
36. ミケランジェロ・ブオナローティ (イタリア)
37. ヴァスコ・ダ・ガマ (ポルトガル)
38. スレイマン1世(トルコ)
39. サミュエル・モールス (アメリカ)
40. ジャン・カルヴァン (フランス)
41. フローレンス・ナイチンゲール (イギリス)
42. エルナン・コルテス (スペイン)
43. ジョゼフ・リスター (イギリス)
44. イブン・バットゥータ (モロッコ)
45. 朱熹 (中国)
46. グレゴール・ヨハン・メンデル (オーストリア)
47. ジョン・ロック (イギリス)
48. アクバル (インド)
49. マルコ・ポーロ (イタリア)
50. ダンテ・アリギエーリ (イタリア)
51. ジョン・ロックフェラー (アメリカ)
52. ジャン=ジャック・ルソー (フランス)
53. ニールス・ボーア (デンマーク)
54. ジャンヌ・ダルク (フランス)
55. フレデリック・ダグラス (アメリカ)
56. ルイ14世 (フランス)
57. ニコラ・テスラ (セルビア)(アメリカ)
58. イマヌエル・カント (ドイツ)
59. 范寬 (中国) – 北宋初期の山水画家。
60. オットー・フォン・ビスマルク (ドイツ)
61. ウィリアム1世 (フランス)
62. グイード・ダレッツォ (イタリア)
63. ジョン・ハリソン (イギリス)
64. インノケンティウス3世 (イタリア)
65. ハイラム・マキシム (アメリカ)
66. ジェーン・アダムズ (アメリカ)
67. 曹雪芹 (中国)
68. マテオ・リッチ (イタリア)
69. ルイ・アームストロング (アメリカ)
70. マイケル・ファラデー (イギリス)
71. イブン・スィーナー(ペルシャ)
72. シモーヌ・ド・ボーヴォワール (フランス)
73. ジャラール・ウッディーン・ルーミー (ペルシャ)
74. アダム・スミス (スコットランド)
75. マリ・キュリー (ポーランド)(フランス)
76. アンドレーア・パッラーディオ (イタリア)
77. ピョートル1世 (ロシア)
78. パブロ・ピカソ (スペイン)
79. ルイ・ジャック・マンデ・ダゲール (フランス)
80. アントワーヌ・ラヴォアジエ (フランス)
81. P・T・バーナム (アメリカ)
82. エドウィン・ハッブル (アメリカ)
83. スーザン・B・アンソニー (アメリカ)
84. ラファエロ・サンティ (イタリア)
85. ヘレン・ケラー (アメリカ)
86. 北斎 (日本)
87. テオドール・ヘルツル (オーストリア)
88. エリザベス1世 (イギリス)
89. クラウディオ・モンテヴェルディ (イタリア)
90. ウォルト・ディズニー (アメリカ)
91. ネルソン・マンデラ (南アフリカ)
92. ロジャー・バニスター (イギリス)
93. レフ・トルストイ (ロシア)
94. ジョン・フォン・ノイマン (アメリカ)
95.サンティアゴ・ラモン・イ・カハール (スペイン)
96. ジャック=イヴ・クストー (フランス)
97. カトリーヌ・ド・メディシス (イタリア)
98. イブン・ハルドゥーン (チュニジア)
99. クワメ・エンクルマ (ガーナ)
100. カール・フォン・リンネ (スウェーデン)

 

これも参考になるかな

https://www.thetoptens.com/greatest-people/

https://m.ranker.com/crowdranked-list/the-most-influential-people-of-all-time

Great Men Who Changed the World

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる





800px-LineartPresRev


お仕事は、無職です。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。