子供無し専業主婦は犯罪行為との指摘がある

デービッドアトキンソンの新生産性立国論の中で、子供のいない夫婦の専業主婦は、税金も納めず、国のインフラや社会制度にただ乗りするだけの犯罪行為だという指摘がある。

たしかに。

ま、一概には言えないけど、ふつうなら、ご飯食べられないよね。ふつうなら。

もちろん、背景にあるのは絶望的な国家の危機において、、、、っていう危機認識があるのだけれど。債務が膨らんで、GDPとのバランスが悪く、年寄りが増えて、子供が減る中で、、、っていう話だけどね。このままいけばやばいからね。

無職は自業自得だし何の社会制度の恩恵もないけど、出産や子育てを前提とした結婚制度を、しかも所得が低い女が悪用するのは生活保護不正受給と同じかも。

やっぱさー、俺いつも思うけどさ、基本、男って女に騙されてない?

日本人のGDPの7割は男が稼いでて、でも男が早く死んで、女が長生きして、社会保障費食い散らかしてるって。離婚したら財産分与に婚費。

やっぱり、生涯独身率が上がって、共働きが増えて、風俗嬢のレベルが上がって、『バーニラ、バニラバーニラ求人♫』って、神の見えざる手か。。。資本主義スゲーな。

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる





800px-LineartPresRev


お仕事は、無職です。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。