投資、資産運用は情弱向けという真実

投資、資産運用をしないのは情弱ですよ、という論法の、情弱向けメッセージ。本気で投資、資産運用で人生変わると思ってるのなら頭が悪すぎるし、35歳くらいになってキャリアの失敗が見えてきた人が、諦め始めたときに取り組むのがその類。20代からその類にうつつを抜かしてる人は可哀想。まず時間の投資を間違えてます。チャートに張り付いてる時間で何ができたかな笑笑

完璧に流されてるじゃん。何のために生きてるの状態。そもそも本当の意味での投資はキャピタルゲインをあてにしないんだけど。キャッシュフローなんだけど。本当に金と時間の面で自由になった人たちって25歳時点で、ホームレス、フリーターみたいな状態だった人とか結構いる。これって何でって考えたらおもしろいよね。結局、キャピタルゲインや高給で出世するのを諦めた人たちなんだよ。でも、諦めたからこそ、すべての意識とリソースがほんとに儲かるところに向かう、という。

それに比べて情弱は。まず、35歳までの期間で、今の人生をそのまま延長するかどうかについて十分に吟味したり、移転したりを考えないってのが面白いわ。資産運用が情弱向けでかなり時間と労力の無駄って教えたら庶民はショック死するだろうな。

年収1000万以下で資産運用してるなんて情弱だと思う。ちょっと意味がわからない。

最近、何でも流行りなんだけど、上流のことを下流に広めるマーケティングが進行してるのよね。サププライムローンは身分不相応なやつに家買わせた、最近の不動産投資バブルもそうね、資産運用ネタもそうよ。対象じゃない人間が手を出してる。旦那や嫁が株やFXにハマったら離婚時。ゲーム廃人みたいになっていきそう。

 

PS

資産運用にお熱なサラリーマンはいつまでたっても中流、下流サラリーマンをやってる

PPS

資産運用の目標として掲げられることの多い一億円というお金は、それを元本にして運用したときに働かなくても生きていける水準の運用益を安定的に出せるという理由からだそう、だったら、さっさとしょっぱなから働かないで生きていけるキャリア歩んでおけば良いのにね

PPPS

資産運用とは、現実逃避

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる





800px-LineartPresRev


お仕事は、無職です。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。