貯金した方が良いのか、そうじゃないのかは目的によるけど、安心のためだったらナンセンスだぜ

貯金した方が良いのか、そうじゃないのかは目的による。一概に言えない。だけれど、安心のためだったらナンセンスだぜ。使って得た経験・スキル。それから使って稼ぐ能力。これを安心のための武器として備えている人は、本当に、びっくりするぐらい急速にお金増やすからね。貯金なんて一切したことが無く、「貯金なんて無意味、自己投資」って考えて生きてきた私は、全然お金無かったのに、「ガツン!!」って金が入ってくるようになった。ビジネスでも稼げるようになり、労働市場でも年収高いオファーを受けられるようになった。完全にカースト移動した。ビジネスでうまくいくようになってからのストーリー。今でも、当初の銀行残高の増え方の履歴、残ってるけどエグいよ。明らかに、数字の動きが別人に変わるストーリーが通帳の履歴でわかるという。ま、入ってきても、ガンガン使ったけどね。今も貯金しないね。よく、ネットで「20代は●●万円貯めましょう」とか言われているけれど、そんな記事で書かれているようなお金の貯め方とは比べ物にならないスピードで、しかもお金ガンガン使ってるのに増えていくからね。本質を捉えりゃわかるけど、貯金なんて無意味でしょ。やる価値ないでしょ。第一、私はそんなチキンな生き方できない。スタバ行きたくて、風俗行きたくて貯まらない。で、どうせまた使う。知り合いの先輩社長も言ってたけど、同世代で貯め込んでいる人間より僕は圧倒的に強いって。わかる。世の中の中小企業の親父さんなんかも、お金使うのが上手な人たちでしょ。経営者だから。

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる





800px-LineartPresRev


お仕事は、無職です。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。