高城剛が語る、「実家暮らし」と「親への甘え」。

  白本・弐より。 精神的な甘えと物理的な甘えは「共犯関係」にあるとのこと。   どこかで、否応にも一度「物理的な甘え」から脱することが大切。 これが人生のカギとなる、高城さんはそうおっしゃいます。   実際、これはその通りだと思いますね。 自分で自分の人生を設計したいと思ったならば、親元は出なければならない。物理的な甘えは断たなければならない。そうやってはじめて、見えてくるものがあるんです。 高城さんはこれを「旅立ち」と言っています。   古今東西、すべてのサクセスストーリーには「旅立ち」があると。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Your

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目