ネットビジネス講座

「大百科的」な最短成功ルート(コピーを学んだ後、どうする?)

  copywritingを学ぶ ↓ オリジナルコンテンツとしての情報商品(デジタルコンテンツ)を作成する ↓ Affiliate報酬MAXのパーセンテージにしてinfotop登録 ↓ 多くのアフィリエイターが拡散してくれる。売ってくれる。 ↓ そうするとお客さんのリストが大量に集まるので、 そのリストに対してステップメールを発行 ↓ 関係性を築いてバックエンドが売れるようにする やりたい人、できる人はどーぞ。 このやり方だと早いかもね。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「 (さらに…)

これだけ考えておけばOKってやつを教える

情報過多のこの時代。 これだけやってればOKってものを教えてくれる存在がどれだけありがたいか。西園寺貴文はそれを提供しようと思う。 <1>リストを集める(集客) <2>リストに教育する(信頼構築、関係性構築) <3>リストに販売する(販売) この3つだけ考えていろ。この3つをひたすらやっていればいい。ただし、これは「目的」であって、その「手段」がわからない、という声が出てくるのも当然わかっている。 そこで、手段を与えよう。 手段はこれだ。 良い文章を書く。良いコンテンツを書く。それだけだ。 つまり、copywritingを磨き、良質なオリジナルコンテンツを投下するということだ。それだけだ。本当にそれだけだ。オンラインインフォビジネスなんてそれだけの単純な商売だ。だから、書く文章に命を賭けろ。そして、膨大な時間を投下するんだ。 書いて書いて書いて書きまくれ。あなたのコンテンツの価値は市場が判 (さらに…)

@sohoとか知ってますか?外注の仕方も把握しとかなきゃ

オンラインでビジネスやるんだったら、仕事や作業の外注先、外注の仕方ぐらいは知っとかなきゃあかんですよ。やるかどうかは別にしてね。 @sohoとかsohoビレッジとか知ってますか。 ビジネスパートナー探したり、作業を手伝ってくれる人を探したり、諸雑務を他人に投げたりできるようになると、かなり時間節約になります。 こういう本を参考にしても良いでしょう。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけな (さらに…)

アスメルやっぱり信頼できるわー。到達率99.55%。

アスメルさん、やっぱり信頼できますね。 消費行動や投資行動を「スペック」ばかり見て判断している人って、めぐりめぐって時間とお金を損しているよね。 どこどこが安い、どこどこの機能が・・・・みたいね。 私がいつも気にしているのは「ブランド」なんだよね。スタバにしろ、アップルにしろ、コカコーラにしろ、いつもお世話になっている愛して止まないブランドには明確な「コアアイデンティティ」「コアバリュー」がある。 ブランドって、ブランドの姿勢とか理念とか約束とか価値観とか。そこがブランドなのよ。たとえ、短期的にスペックが落ち込んだり、競合他社に遅れをとったとしても、ブランド意識が高いところは必ず持ち直してくる。なにより、長期的に安定しているし安心して信頼を寄せられる。 自分のブランドに対する信頼客がいるビジネスって、自分でそれを自覚しているから、ちゃんとブランドアイデンティティを守る。履行する。 一方、ス (さらに…)

Netbusiness詐欺を見分ける簡単な方法

めちゃくちゃ単純ですよ。 自立的に 自力で 集客・販売 する方法を教えていないところはすべて「怪しい」と思った方がいいでしょう。要するに、あなたの敵です。 下請け ネットワーク 外注先 として組み込まれそうな匂いがするところとはうまく付き合い方を考えた方がいいでしょうし、自立や自由が重要なNet Businessにおいて、「孤独が失敗の理由です」とかなんとかいって、コミュニティに組み込まれて、そのコミュニティありきじゃないとやっていけないノリを醸し出しているところもやばい。 自分が、独立主体的な存在として、成長している実感、力がついている実感、頭がよくなっている実感、そして何より成果が出せるところで学ぶのが一番でしょうね。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じ (さらに…)

継続的にリスト集めができないDRMビジネスはご臨終です。

どんなビジネスでもそう。継続的に新規客を集めきれないビジネスは必ず死亡します。Net Business、DRMビジネスなら見込み客(リスト)を継続的に集めきれないなら、そう遠くないうちにそれは必ず死亡します。必ず、です。 どうですか。リスト、集まってますか? 継続的にオプトインはありますか? もし、現状、「継続的にどうのこうのの前に、そもそもオプトインのリスト集めにまだ一度も成功してねーよ!(リストが1件もとれてない)」という人は、危機感を持ってしっかり勉強/作業しましょう。 DRMは、 リストを集める リストに教育する リストに販売する の3ステップですからね。1ステップ目がうまくいかないんだったらまったくもって話になりませんよ。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無 (さらに…)

Netbusiness「100」の法則

やはり人は、行動に際して具体的な指針というものを求めるものです。私は、Net Businessのアクションにおいては「100の法則」というものがあると考えています。 100万円自己投資する 100ページ、ブログを書く 100リスト集める なんだかんだ言って、Net Businessで成功するためには上記3点を「通過」しなければならないように思います。もちろん、「絶対的に通過しなきゃダメ」ということではないんですが、成功している人はなんだかんだ言って上記3点をクリアしているんですよね。   まず、自己投資。 Net Businessで稼ぐためには、copywritingやオリジナルコンテンツ作成能力、DRMといったものを勉強する必要があります。ワードプレステンプレートやメルマガサービス、レンタルサーバー、ドメインといった最低限投資しなければならないものもあります。そして何より、自分 (さらに…)

友人がNetbusinessをはじめました。

私の古くからの知人がNet Businessをはじめました。 半年〜8ヶ月くらい前かな? Net Businessをはじめるにあたって、いろいろと「キラキラしたもの」や「あやしいもの」に散々騙された彼。 その後、ちょっと真面目にやる気になったのか、業界の有名人たちのコンテンツを買いまくるようになったようです。 しかし、なかなかうまくいかなかったご様子。 そうやって、フラフラして疲れ切っていた彼と、 半年〜8ヶ月前ぐらい?に久しぶりに連絡をとったんですよね。 「西園寺はさぁ、WEB系のビジネスをやっているんだよね。聞きづらいんだけど、◯◯さんとか、◯◯さんとか知ってる・・・・・?」   「すごくよく知ってるよ。会ったことがあるとかそういう意味ではないけれど、よく知ってる。」 彼は驚いていました。 救世主がこんなに近くにいるなんて!というリアクションでしょうか。 そこから彼は、頻繁に (さらに…)

Netbusinessの成功のための真実10

どうも、西園寺です。 今回は、「情報過多」で溺れないために「Net Businessの成功のための真実10」と題して、重要項目をずらずらっと列挙していきたいと思います。 眺めるだけでは、 「なーんだ、そんなことか」 と思うかもしれませんが、これを「知っている」のと「できている」は天と地の差があります。 そして、できている人こそが成功しているのです。   Net Businessの真実その1:Net Businessは存在しない オフラインの世界を見渡してみてください。 そんなにうまい話、ありますか? 儲け話の類、全部怪しくないですか? なのに、「ネット」となったらいい歳した大人が幻想を抱いてしまうのはなぜでしょうか? オフラインでも、オンラインでも、富を掴むための方法は同じ。 人間を相手にものを販売してお金をもらうこと。以上。 Net Businessとは、人とつながる手段がネッ (さらに…)

まずはリストを500件、1000件集めてみなさい。専業でやっていける確信が得られます。

リスト、リスト、リスト。 DRMやるならリストがなけりゃ話になりません。リスト、というのは、見込み客/顧客のことですよね。 見込み客/顧客が500人〜1000人いれば、専業でやっていける確信が得られると言っている意味はなんとなくわかりますよね?   Net Businessで自立できない人、お金を稼げない人は自分のお客さんがいない。反応の良いお客さん、信頼を寄せてくれているお客さんがいない。 なぜいないのかというと、理由は単純で 価値を与えてないから 信頼されていないから 他に負けているから です。   リストを500件集めてみなさい。そこから、一気に世界が変わるのを確信できるはず。 名簿業者から買ったようなリストはダメですよ。きちんとしたオプトインリストです。オプトインリストが一定数あって、きちんと関係性の構築ができているならば、食えない方がおかしい。   (さらに…)