Business講座

ビジネスの成功確率は10%で、その90%をどう処理するか

ビジネスの成功確率は10%を現実的な指標として考えると、問題は残り90%の失敗の処理の仕方ですよね。いかに再起不能な失敗を避けるか。失敗にはしても良い失敗としちゃダメな失敗があるから。 オンラインインフォビジネスの良いところは、90%の失敗に関して痛手を負わないでいいところじゃないですか。普通に店舗構えてなんかやろうとすれば最低でも1000万ぐらいはかかるでしょう。それをパーにしちゃうのがオフラインビジネスのこわいところですけど、オンラインインフォビジネスはそういうの無いじゃないですか。 ただ、その「参入障壁の無さ」がプレイヤーを増やして、競争を厳しくし、成功を難しくさせているという一面を見逃してはならない。あと、「ふん、所詮Net Business」とか考えて舐め腐っている人が多いんだけど、その慢心にやられて失敗している人も後を絶たないっていうね。  ===マイルドヤンキーでも (さらに…)

給料以外で1円でも稼いでみろ。そしたら世界変わる。

高学歴だろうが低学歴だろうが、資格持っていようが持っていなかろうが、履歴書に書けることがいっぱいあろうがなかろうが、社会人経験が豊富だろうがニートだろうが、「雇われて寄生しないと食えないカテゴリー」ということではみんな一緒。 まずは給料以外で1円でも稼いでみろ。 まじで1円でもいいから。自分の力で価値をつくり、人に提供してお金を稼いでみろ。「自営業」をしてみろ。会社の看板をつかった営業じゃなくて、「自営業」をしてみろ。 本当の「起業の第一歩」はそこから。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ (さらに…)

借金できない人はビジネスに向いていないと言われる論理的理由

西園寺は10代後半〜20代前半頃に会計学を一生懸命勉強していた時期がありました。 会計学、簿記の世界を通して、世のビジネスの金の流れを追ったことがある人なら誰もがある一つのことに気づきます。それは、世の中の会社のほとんどが借金をしているということです。 おもしろいのは、借金をする必要がないような金満企業、キャッシュリッチな企業であってもほぼほぼ例外なく借金をしているということです。 これはなぜだかわかりますか? この問いに答えられない人は、ビジネス偏差値がスーパー低いので気をつけてください。 我々は、小さい頃から「借金は悪」だとか、「借金して転落した人の人生」だとか、そういうことを刷り込まされたせいで借金に対して異常に怯えきっています。たしかに、借金というのは場合によっては非常に危険ではあります。こわい側面もたくさんあります。 しかし、借金というのは「何のための借金か」によってその価値が本 (さらに…)

数字の分析と数字をつくることは違う

経済学者が『結果的に嘘つき』になってしまうのは、経済事象を理数系的ロジックで分析しようとしてしまうからです。幸か不幸か、経済社会を数学的フレームワークにあてはめ分析しようとする人間は『何の数字もつくれず、そして何も見えない』という一種のパラドックスに陥ってしまいます。 起業家の世界も同じです。ビジネスを数字の分析と捉えてしまうと大変な地獄に陥ります。ところが、世間的に、できるビジネスパーソンのイメージというのは分析家です。都心の小綺麗なオフィスで専門用語と数字を駆使し、熱い議論をたたかわせる…。成功した起業家、経営者、投資家のイメージがそんな感じなのです。 知ってる人は知ってると思いますが、成功した投資家、起業家、投資家というのは実のところ数字のプロというより人間心理のプロです。でも、よく考えれば当たり前です。『数字をつくる』ためには結局人間心理に精通していなければならないからです。 起業 (さらに…)

いずれ独立したいなら「これだけやっておきなさい」

これ知ってる人はうまくいきます。 これ知らない人は地獄を見ます。 そんな話をしたいと思います。いずれ独立したいと思っているなら必見です。頭に叩き込んでください。脊髄に染み込ませておいてください。 いずれ独立したい・・・と思いながら本屋で雑誌・本をパラパラ・・・。 いずれ独立したい・・・と思いながら起業セミナーにふらり・・・。 いずれ独立したい・・・と思いながらネットサーフィン・・・。 あなたに良いことを教えます。 実際に独立している身として、 そして独立したいと長年彷徨っていた身として、 独立関連の情報コレクターとして、 血と涙の結晶 としてのアドバイスを差し上げます。 これさえわかれば、比較的短期に会社員を脱出することができます。独立したとしてもトントン拍子でうまくいくかもしれません。   商売で一番大事なものは・・・ なんだと思いますか? これにどうお答えになるかで、あなたの (さらに…)

「うさんくさい」が苦手な人はビジネスで100%成功できない

ビジネスの世界って、うさんくさいことだらけです。 不確かなこと、不確実なこと、不安定なこと、そんなもので溢れかえっています。 私はもともと保守的な思考の人間です。 それゆえに、経営学や会計学といったアカデミックな知識に逃げていたことがありました。 こわかったんですね。 保証が欲しかった。保険が欲しかった。     コンサルタントという職業がありますね。この仕事が日本に持ち込まれた当初は「なにそれうさんくさい」というイメージが一般的だったようですよ。 保険という商品がありますね。これが日本で最初に生まれた当初(たしか明治ぐらいだったかな?)は「なにそれうさんくさい」というイメージが一般的だったようですよ。 ネットの黎明期は、オンラインでお金をやりとりするビジネス全般が「うさんくさい」というイメージだったようですね。そこに初期から目をつけていた人たちは大富豪になってますよね (さらに…)

経営学さんが面白いこと言ってる

ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ P31〜P34より抜粋 “人的資源や物的資源よりも企業の特異性が高いのは、企業の内外に蓄積された知識としての情報的経営資源である。企業の内部に蓄積されたノウハウ、技術、熟練、顧客情報、企業の外部に蓄積された当該企業についての信用、イメージ、ブランドなどが、情報的経営資源の例である。組織能力と言われているものの実体は、こうした知識という情報的経営資源なのである。企業にとっての資源が企業の外部に蓄積されているのは意外に聞こえるかもしれないが、面白い事実である。 (中略) 顧客の信用とか、ブランドの知名度、技術力、生産のノウハウ、組織文化、従業員のモラールの高さ、というここで情報的経営資源と呼んでいる目に見えない資源は、固定性のきわめて強いものが多いといえよう。たんにカネを出せば手に入るというものではない。その蓄積は普通、スローテンポでしか行えず、金銭 (さらに…)

中小企業診断士より、MBAより、販売士!!

販売士っていう検定があるの知ってますか? 多分、知らないですよね? 日本商工会議所がやってるやつなんですけど、起業/独立したいのであれば、MBAや中小企業診断士といった類の勉強やるより、販売士の勉強した方がよっぽどいいですよ!っていう話をしたいと思います。 これ、多くの起業志望者が間違えるポイントなんですが、スモールビジネスのゼロイチ、スタートにとって一番大事なのは販売/営業なんですよね。 当たり前ですけど笑 売り上げ立てられるなら、あとのことはどうにでもなりますから。でも売り上げ立てられないならどうにもならない。   だからこそ、ビジネスをやりたい!って人は「販売/営業」を学ぶ必要がある。   起業志望者でMBA関連の本を読みあさったり、中小企業診断士の勉強し始めたり、簿記とか会計やり始めたりする人いますけど、そんなんやるぐらいだったら販売士の勉強でもした方がいいんじ (さらに…)

お金持ちになりたければナンバーワンになりなさい。

貧乏時代の話である。 インターネットで、「フ●ラーリやランボルギーニに乗って遊びまくれるような人間たちは果たしてどんな仕事をしているのか」ということが気になり情報を漁っていた。 当たり前だけど、社畜さんは1人もいなかった。 医者、会社経営者、不動産投資家、、、とかいろいろいたけれど、あるお金持ち(医者)が語っていた言葉が胸に突き刺さった。   お金持ちになりたければ、自分のナンバーワンの分野を持ちなさい。これだけは絶対誰にも負けない、これだけは日本一だというものを何か一つ持ちなさい。これさえできれば絶対金持ちになれる。   と言っていた。 脳天に雷がおちたと思った。   言われてみれば当たり前だけど、すごくシンプルで本質を突いていて、何よりわかりやすかった。巷のうさんくさい自己啓発と違ってこれは「ガチの成功者が経験上語る成功の秘訣」だから、真実味もあった。 ナ (さらに…)

起業志望者で京セラの稲森さん崇拝凄い人とかいるけどさ

よくもわるくも、社会の真実というのはこういうものだよ。 http://www.mynewsjapan.com/reports/947  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。" "世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。" "悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続ける (さらに…)