advertising

「いいムネあります」「いいモモあります」

【傑作】商店街に活気を!古さと新しさが上手く表現されている「文の里商店街」のポスターが話題  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。" "世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。" "悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。" 説明しよう!西園寺貴文とは、常識 (さらに…)

ユニクロの年収

http://mag.sendenkaigi.com/kouhou/201411/recruit-idea/003541.phpより  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。" "世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。" "悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続ける (さらに…)

伊勢谷友介のデキる男感は異常。そしてそれを活用したcoco塾CMは素晴らしかった。

伊勢谷友介のデキる男感と、それを英語塾のCMにキャスティングしたことと、このCMのストーリー・構成と、西洋のシチュエーションを採用したことと・・・・どれを取っても完璧。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。" "世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。" "悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞 (さらに…)

Appleの広告は素晴らしい

 ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。" "世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。" "悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。" 説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、その (さらに…)

コカ・コーラは売るためにお金を使った。

コカコーラには売るためにお金を使うという方針がある。マーケティング費用を削るのは、投資対効果が悪くなった時だけ。基本的にはこれ以上成果が見込めないというところまで金をつぎ込むのだそう。まさに、広告に対して札束を突っ込む方式ですね。素晴らしい。 ちなみに、コカコーラのように優れた広告宣伝活動ができる企業とそうではない企業の決定的な認識の違いは、マーケティング費をどう捉えるか、です。 コカコーラ社は、マーケティング費を経費ではなく投資と捉えます。 同社が一連の派手な広告宣伝活動でやっていることはシンプル。商品を買うべき理由を消費者に示し続け、「買ってください」とお願いしまくっているということ。もちろん、それがうざい感じにならないようにね。 他とどう違い、どう優れ、どう特別なのかを示し続ける。コカコーラは愚直にそれをやり続けている。   ターゲット客層に訴え続ける。これはとてもシンプル (さらに…)

ロールスロイスの伝説的広告コピー Wtitten by David ogilvy

At 60 miles an hour the loudest noise in this new Rolls-Royce comes from the electric clock この新しいロールスロイスの車内で、時速60マイル走行中、最もうるさいノイズは、電子時計の音。   天才、David ogilvyの伝説的広告コピー。この広告は、一度しか打てなかった。なぜなら、このcopywritingのおかげで、あまりにもロールスロイスの売り上げが拡大し、生産が追いつかなくなってしまったから。   西園寺は、Ogilvyの広告コピーをマジで勉強した。巷のアホどもが自称copywriterからコピーを学んでいるのを横目に見ながら。   多ジャンルで数十万単位の独自デジタルコンテンツを売りまくる西園寺や、ロールスロイスを売りまくるDavid ogilvyがいるのに、 (さらに…)

広告会社ヤング・アンド・ルビカムのブランド資産評価バリュエーター、いいね!

広告会社ヤング・アンド・ルビカムの、ブランド資産評価バリュエーター(BAV)という、ブランドエクイティ計測のモデル。これがなかなか良い。差別性、重要性、尊重性、親近性の4要素でブランドエクイティを測るというもの。BAVに従えば、ブランドエクイティを、カテゴリーをまたいで比較評価することができる。 結局、ブランド・エクイティの観点からは、マーケティング費用は顧客のブランド知識への投資という考え方が大切になる。デイヴィッド・オグルヴィもそのへんは口すっぱく言っていたけれど。 ちなみに、ルビカムはオグルヴィと同時代を生きた広告人で、ライバル。 ヤング・アンド・ルビカムは、日本では電通と合弁会社「電通ヤング・アンド・ルビカム」を設立して事業展開している。 いやぁ、電通さん、日本ではかなり独占してますねぇ。ワンダーマンともやってなかったけ?電通ワンダーマンって会社あったよね。  ===マイ (さらに…)

セールスマンの最悪の罪は、人を退屈にさせることだ。

でしょうね。売れなくて困っている人たち(婚活負け組、非モテ、貧乏事業主、就職できない人たち)、みんな「退屈な人間」ですからね。おもしろい人間は市場がほっとかないから。   その男は38歳、失業中。大学中退。コック、セールスマン、渉外担当の経験がある。マーケティングの知識は皆無、コピーを書いたことは一度もない。広告を一生の仕事にしたいと言い張り、年棒5000ドルもらえればただちに仕事にとりかかるという。アメリカにこんな男を雇おうという広告会社があるとは思えない。教訓。人を雇うときには、ときに独創的で異色のやり方をしてみるのも悪くない。   蓄熱はもっとも古くから知られている料理法だ。アボリジニは消えかけた焚き火の熱い灰の中にハリネズミを入れて焼く。   良いセールスマンは、ブルドッグ並みの粘り強さとスパニエル並みのマナーを併せ持たなければならない。少しでも魅力が (さらに…)

ビッグアイデアを欠いたキャンペーンは、闇の中を航行する船と同じだ。誰にも気付かれることなく、ただ通り過ぎるのみである。

デイヴィッド・オグルヴィ 広告を変えた男 天才の名を欲しいままにし、今も広告史に燦然と輝く「キング」。 マディソンアベニューのキングは、彼自身が「まさにビッグアイデアのよう」だった。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。" "世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。" "悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるなら (さらに…)

デイヴィッドオグルヴィとセルジオジーマンが好き

世界三大広告人にも選出された、オグルヴィとジーマンが好きだ。 卓越した仕事をした男たちは、自身の仕事について明確かつ鋭い「定義」「持論」を持っている。   以下、オグルヴィの言葉。 私は広告をエンターテインメントや芸術の一種だとは思わない。広告とはあくまで情報メディアだ。また自分の書いた広告を「クリエイティブ」だなどと言われたくもない。そうではなく、あまりにも面白くて「その商品を買わずにはいられない」と思ってもらいたい。 ー「売る」広告7P   消費者は今でも、広告が「儲かる」「キレイになる」「ヘルシー」「痛みが消える」「社会的地位」などなんらか得があると約束する商品を買う。世界中どこでもだ。 ー「売る」広告7P 勉強はこの世の終わりまで続ければいいが、「ビッグアイデア」がなければ富と名声は手にできない。 ー「売る」広告16P   以下、セルジオジーマンの言葉 (さらに…)