I’m a risk taker.

Remember the words of Leo F. Buscaglia: “The person who risks nothing, does nothing, has nothing, is nothing, and becomes nothing. He may avoid suffering and sorrow, but he simply cannot learn and feel and change and grow and love and live.”

https://www.motivation-for-dreamers.com/risk-taking.html

 

ーーーーーー

3. We learn from risks — and those lessons may lead us on an important, new path. 

But beyond the external opportunities and recognition risk-taking can bring, it also provides an opportunity for internal growth. Heather Rabbatts, the first female non-executive director of The Football Association, told the BBC in an interview for the Woman’s Hour Power List:

I think I’ve always felt that there was something quite exciting about taking risks. And there’s a great saying, actually, that you only learn when you are at risk and I’m fascinated by both risk and learning, so that has led me to take jobs that people would think “you can’t do that, that’s just impossible.” No it won’t be.

ーーーーー

ーーhttps://www.huffingtonpost.com/2013/08/13/seven-reasons-why-risk-taking-leads-to-success_n_3749425.html

リスクを取る重要性なんて、どうしようもないキャリアを歩んでいる人の嘆きの声を聞けば一発でわかると思うんだけれどな。なんていうん?一般的な人々?大衆の嘆きをキャッチして、「そういう人生送りたく無い」「スペシャルな人生を送りたい」「成功したい」とか思ったら、普通の人がやらないことをやる必要があるじゃん。それをやらないなんて、ありえないぜ、俺の場合。

 

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる





800px-LineartPresRev


お仕事は、無職です。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。