「教育」タグアーカイブ

おれ、19歳ぐらいの時点で少なくとも200万くらいはビジネス情報に金突っ込んでたけどな。

みんな、いい歳して小銭の投資にビビりすぎ。馬鹿じゃないの。10万、100万単位の投資でビビるようなチキンハート野郎が株式投資や先物の世界でやっていけるはずもなく、当然この程度の人は笑われるし、何よりまず儲からない。この程度の賭けは毎日、日常的に行われるんだからいちいちビビっていては話にならない。長期投資でほったらかしをするにせよ、短期的な損失にワーキャー騒いで、長期の利益を取りに行けないようでは話にならない。 大きなお金が欲しいなら、大きな金を燃やすことにビビってはいけない。お金は火薬のようなものだ。燃やしてなんぼ、吹き飛ばしてなんぼなのである。そうやって勝利をもぎとり、後に燃やした火薬の何倍もの果実を取りに行くのである。ビジネスとは本質的に損して得取れの世界なのである。 金融投資の世界では最低でも元手が1000万くらいないと話にならない。そして、数十万が一瞬のうちに吹き飛んでなくなるよう (さらに…)

情報収集、勉強に際して気をつけるべきこと

同じ情報から、どれだけの気づきを得られるか、どんな気づきを得られるかはその人の過去の経験に依存する。そのため、情報というのは生かすも●すも自分次第という部分があることは覚えておこう。 また、同じ情報であっても繰り返し触れることには意味がある。脳は、自分に一番馴染みのあることしか理解、認識できない。既存知識と一番関連あるものしか吸収できないのだ。ところが、2回目、3回目となってくると、今度は1回目で新しく吸収した知識が既存知識になっているために、1回目では見えなかった新しい知識が吸収できるようになる。 情報収集や勉強を続けても、イマイチ伸び悩んでいるという人は自分の経験というものに目を向けた方が良いだろう。自分の経験が伴わないまま、ひたすら情報収集/勉強を続けたところで頭でっかちになるだけである。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文( (さらに…)

センスの正体

最近の感性工学の研究によれば、センスは情報量に比例することがわかっているそうな。言い換えれば、凡人でも大量の情報に触れる習慣を持てばセンスを磨けるとのこと。なるほど。私が読書ジャンキー、オーディオブックジャンキーをやめられないのは、センスが磨かれていく感じを自ら感じ取っていたからなのかも。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。" "世界は変えられ (さらに…)

会計士受験生/浪人生の末路。無自覚が一番危ない。

今の時代、職業会計人を一生懸命目指すってどうなのよ。オックスフォード大が出した直近10年〜20年で機械に大体される可能性が高い仕事TOP20に職業会計人(税務申告補助、監査、会計記帳等々)入ってんだけどな。 いや、在学中に受かるような人は良いよ。 MARCH以上の大学行ってるような人で、在学中に「資格でもとっとくか」みたいなノリでサクッと受かっちゃうような人。そういう人は良い。(彼らからしたら小学生が漢検とるみたいなノリだから) でもね、人生かけて一生懸命勉強して、そんでずるずる資格試験浪人やっているってかなりやばいよ。末路は本当に悲惨。 弁護士とかならさ、就職せんでも一応修習とかさせてもらってさ、即独立とかはできるじゃない。でも、会計士無理だからね(笑)。一回就職せなあかんでしょう。会社法上の大会社とか、監査法人とか、きちんと要件を満たす一部の就職先に就職せなあかん。 要するに、一般の就 (さらに…)

魅力的な情報発信をし続けると一体どうなるのか。

こちらのコンテンツは、西園寺貴文の「魅力的な情報発信者の本質」をお申し込み頂いた方に配信している限定フォローメールより抜粋したものです。   どうも、西園寺です。 魅力的な情報発信をし続けると、 熱狂的な支持者や熱心な読者に恵まれるようになります。 いわゆる「ファン」「ロイヤルカスタマー」が 非常に獲得しやすい状態になるんですね。 これって結局「ブランド化」がすすむ、ってことなんですが、 今日はちょっとそこらを掘り下げてみたいと思います。   ブランドって何よ。 ブランドって何? ブランド化って何? ・・・と言われると、 う〜ん って感じがしませんか? ブランドというのは、やはりどこか曖昧な感がしますね。 しかし、ビジネスにおけるブランド効果の重要性は言わずもがな。 あなたが魅力的な情報発信をつきつめてやっていこうとしているのは ブランド化とも言えますのでその「ブランド (さらに…)

相手の疑問/質問に答えるコピーを。対面セールスとの違い。

オフラインセールス/対面セールスでは、相手側がリアルタイムで質問/疑問を投げてきます。 しかし、オンラインセールスコピーでは、それが不可能。 だから、相手が抱くであろう質問/疑問に答えなければいけない。 あらかじめ、返ってくるであろう反論、疑問、質問をすべてリストアップし、それに答える回答をセールスコピー上にすべて書いておく。 これが大事です。 これができないのなら、絶対に売れませんよ。 それは、オフラインで例えるならば相手に喋らさせず、ひたすらマシンガントークをぶつけ続けることとまったく同じなのです。   私たちcopywriterは、見込み客に目の前で質問してもらうことができない。これは頭に叩き込んでおく必要があります。相手がしてくるであろう質問、疑問、反論をリストアップし、すべてに答えるようにしましょう。 可能であれば、見込み客/顧客層から、疑問、反論、質問を汲み取る仕組み (さらに…)

コピーの長さはどうするべきか?価格が大きなポイント

読者が関心を持っていれば、コピーは読まれます。 長いコピーなど存在しません。「つまらないコピーがあるだけ」です。 コピーの長さを考える上で、基本となるのは売ろうとしている商品の値段です。商品の価格帯が高ければ、相手に価格の正当性を納得してもらう必要があります。 だから、長さが必要になってくるのです。 コピーが長ければ、相手に価値を説明できます。 価格の正当性を証明し、商品の価値を高め、購入へ駆り立てることができます。 また、商品が珍しい商品であれば、これも売るためにはそれなりのコピー分量が必要になってくるでしょう。珍しい商品というのは、相手に理解してもらえなければ、相手にメリットを確実視してもらえなければ、なかなか売れないのです。 読者に必要なアクションをしてもらうための長さが必要。 これがコピー分量の原則です。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニー (さらに…)

今年のシルバーウィークも遊んで終わりですか?

シルバーウィークはどこ行く何する? レジャー、旅行、スポーツ・・・・・。 今年もそれですかぁ。。。   休みの日に休みを堪能するのは結構なことです。 が、このような「消費型」の時間利用をしているといつまで経っても「休みが待ち遠しい人生」を送り続けるハメになりますよ。   休みの日に、自分の未来につながるようなことをしてみる。 そしてそれを積み重ねてみる。   勝ち組会社員や、近い将来脱サラするような人たちはそういうことをやってますけどね。 会社やめてしまえば、休みなんていくらでもつくれるようになりますから。   休みが待ち遠しい毎日なんて、「人生を間違えてますよ」というサインです。それを押し●すのではなく、「抜本的に何かおかしいのでは?」と考えるようになってはじめて道がひらけてきます。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、 (さらに…)

マーケティングマスターマインドでマーケティングマスター

顧客が商品を理解する手助けをする。そのために知識を与える。クロードホプキンスがやったように。消費者は舞台裏を知らないのだから。明かすことに意味がある。 また、情報提供にあたっては以下を考慮する。 独自性、基準、抵抗。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。" "世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。" "悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じ (さらに…)

スキルアップ/キャリアアップの勉強に時間をかけるということ。

日商簿記3級 50時間 日商簿記2級 250時間 宅建 350時間 行政書士 600時間 日商簿記1級 800時間 中小企業診断士 1300時間 米国CPA(米国公認会計士) 2000時間 海外MBA 3000時間 司法書士 4000時間 東大合格 4500時間 税理士 5000時間 公認会計士 5000時間 弁理士 5000時間 新司法試験 8000時間   西園寺貴文はcopywritingに10000時間以上かけてます(現在進行形)。 おかげさまで普遍の成功法則発動中。   資格の勉強は推奨しないけれど、自分の学習能力を知るために資格試験は受けてみたらいいと思うよ。 合格までの標準所要時間と、自分が使った時間を見比べながら、自分の学習能力が平均以下なのか、平均なのか、平均以上なのかを客観的に判断することは大事。   余談ですが、8割方の人間は平均以下であ (さらに…)