『あんたなんか、産まなきゃ良かった』と言われた女の子の話 (なぜ私が年収と結婚に厳しいことを言うか)

最近、とある大阪の女の子がこんなことを打ち明けてくれた。 「あんたなんか、産まなきゃ良かった」と言われて育ってきた、と。   彼女の家は、離婚している。そして、彼女は高校を卒業してすぐに働き、親の言う通りにお金を実家に入れ、親に「面倒を見るように」と先手を打つ形で嵌め込まれている。小さい頃から暴力を受けて、親との心の距離は開き、「心に固く鍵を閉ざしながら接してきた」と。 彼女は泣いていた。   ちなみに、この類の話は、私はあちこちで聴く。 世の中の人は大体、家庭で問題を抱えているのではないか、と思うぐらいである。 この前も名古屋で、「小さい頃から両親に暴力を受けていた話」「毒親にやたら進路妨害される話」みたいなのを聴いたし、仙台の人からは「上京しようとすると母親がヒステリックになって『親不孝もの!あんたなんか・・・』みたいな感じで罵倒された話」みたいなのを聴かされた。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目