marketing

「稼ぐ」「スマホで稼ぐ」の検索インタレスト、北海道、福岡が高いの草wwwwwwwwwww

  「稼ぐ」「スマホで稼ぐ」の検索インタレスト、北海道、福岡が高いの草wwwwwwwwwww   バカみたいなキーワードで検索かけるのはやはり田舎者だったか   「マルチ商法」とか「情報商材」の検索インタレスト、福岡高いんよなwwww オラオラしたゴリラが多いってこと 北海道から上京した女性 『地元では勉強してたらいじめられたけど、ここ(東京)にはそんな人が1人もいない』   東北は山形を除いて軒並み高いwwwwwww   パソコンで稼ぐ パソコンで稼ぐ方法 で検索して出てくるようなポイント稼ぎ系のお小遣い指南みたいなサイト、あれ、誰が観ているのかってずっと思っていたけど、 北海道、東北系なんやな     九州も高い。 鹿児島も大分も佐賀も・・・・。   バカが検索しそうな検索キーワードを使うと、列島の端っこの (さらに…)

沖縄、鳥取、福井、滋賀といったバカにされてる地域で「FX」の検索インタレストが高いの本当に闇

  本屋のFX、株コーナーで立ち読みしてる人間も明らかに暗いもんな 人付き合いが苦手そうで、見た目も汚い   看護とか医療コーナーにいるキラキラとは人種が全然違う   FXやら株やらに興味を持つのは、多分、「儲けたいから」じゃなくて、稼げないから、社会不適合だから、インキャだから、みたいなのがかなりファクターとして大きいのではないのか、と考えている   都会の方が、もっと、転職とか副業とかに興味関心があるのよね そりゃそうよね せっかく都会に住んでるのに、家に引きこもって何が楽しいの、ってなるやん   外に出てキラキラしたい人間が都会に来るのだから 都会の本質は、中流労働者階級の分厚さよ       だから、 株 FX みたいなのは、田舎者が共感するようなwebサイトを作って証券口座開設アフィで儲けるのが最適解 (さらに…)

「データサイエンス」の検索需要に対して、「アフィリエイト」の検索需要の方が4倍ある

  「データサイエンス」の検索需要に対して、「アフィリエイト」の検索需要の方が4倍ある   しかし、トレンドの動き的には逆 ビズデブ、事業開発系のトレンドは落ち目   webマーケティングも意外とアフィリエイトと連動していない   つまり、 データサイエンス webマーケティング アフィリエイト の住人は異なる形になっていると思う   具体的にどう異なるのかというと、ぶっちゃけ、住んでる土地だと思う。     「アフィリエイト」で集客をかけると田舎者がやってくると思う。   仮定モデラー ξ(クサイ) 仮定モデラー +6Σ(シグマ)     === @西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男     "make you feel, make you think." &n (さらに…)

デモグラフィックで学歴データは重要

デモグラフィックで学歴データは重要   マーケティングやるなら、 学歴 血液型 居住地 MBTI などのデータは重んじた方が良い       === @西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男     "make you feel, make you think."   SGT&BD (Saionji General Trading & Business Development) 「人生を変える」にフォーカスしたブランド           Lose Yourself , Change Yourself.(変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気を我らに与えたまえ。変えることのできないものについては、それを受け入れられる冷静さを与えたまえ。 (さらに…)

嵐ですら、花男が当たるまでマスにペネトレーションしなかったんだから、マス受けってガチ難しいんよ

嵐ですら、花男が当たるまでマスにペネトレーションしなかったんだから、マス受けってガチ難しいんよ デビューはハワイの豪華客船だぜ?事務所が当時のアレだぜ?   マーケティングは我慢   === @西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男     "make you feel, make you think."   SGT&BD (Saionji General Trading & Business Development) 「人生を変える」にフォーカスしたブランド           Lose Yourself , Change Yourself.(変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気を我らに与えたまえ。変えることのできないものについては、それを受け入れられ (さらに…)

無料で本を配るようなフリーミアム戦略は、高校生・中学生は受け付けない方が良い。一冊転売すると2000円儲かり、5回やると1万円になるとしたら、学生は平気でそういう悪質なことをしてくる。

  無料で本を配るようなフリーミアム戦略は、高校生・中学生は受け付けない方が良い。一冊転売すると2000円儲かり、5回やると1万円になるとしたら、学生は平気でそういう悪質なことをしてくる。 社会人ならやらないが、学生はやってくる。 あと貧乏主婦とか。   やるならとことんやって転売バリューがつかないようにすれば良いけど、供給数をある程度限定すると、そういうフリープロダクトも転売市場で値がついてしまう。   === @西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男     "make you feel, make you think."   SGT&BD (Saionji General Trading & Business Development) 「人生を変える」にフォーカスしたブランド     (さらに…)

【残酷なマーケのテーゼ】人の見切り方 : 結婚に煮え切らない彼氏3年、自動車の購入検討3ヶ月、洋服の取り置き1週間

  見込みない奴は切れ!捨てろ!ゴミだ!   残酷なマーケのテーゼ 人の見切り方 : ミュージシャン、漫画家、芸人が才能あるかどうか、売れるかどうかの見極め10年 新卒がつかいものになるか、出世コースの最初のふるいわけ5年 転職してきた人、ヘッドハンティングしてきた人を切るかいなか3年 結婚に萎え切らない彼氏3年 この期間内に日商簿記1級に受からないなら会計士、税理士コースは才能ないからやめた方がいい年数1年 マイホームの購入検討期間1年 1000万円以下の商品の購入検討期間3ヶ月 自動車の購入検討3ヶ月 洋服の取り置き1週間 連絡なしで遅れてくる奴見切って帰る時間30分   人を待つ必要はそれほどない   こういう具体的な話が欲しいなら、 DRMにおけるPL、BSを考える (世界初:DRM会計) CMOになるためのマーケティング   == (さらに…)

【三ヶ月悩む奴は30年悩む】三ヶ月以上検討する雑魚は、どうせ金にならない客だから切れ!!!!

【三ヶ月悩む奴は30年悩む】三ヶ月以上検討する雑魚は、どうせ金にならない客だから切れ!!!!   自動車ですら検討期間は三ヶ月が7〜8割!   売上・収益・集客・販売を上げる具体的なアイデアマラソンシリーズ(2)「ターゲットが購入を検討するルートと、割合を調べる」 DRMにおけるPL、BSを考える (世界初:DRM会計)     === @西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男     "make you feel, make you think."   SGT&BD (Saionji General Trading & Business Development) 「人生を変える」にフォーカスしたブランド           Lose Yourself (さらに…)

DRMにおけるPL、BSを考える (世界初:DRM会計)

  DRMにおけるPL(損益計算書)、BS(貸借対照表)を考える。   DRMの特徴は、 LTV > CPA (Life time value > Cost per acquisition)   を構築することである。   そして、当然のことだが、LTVは単年で回収できたものがP/Lへ、そうではないものはB/Sへ、ということになるのが基本であろう。   LTV → 単年回収 P/L → 次年度以降回収 B/S   ちなみに売上原価等の計算が面倒あれば、最初から売上原価を引いておいて売上総利益(粗利)ベースで計算しておくと良いだろう。     B/Sにどのように計上するかだが、最も雑な方法は、これまでの累積データから「売上÷客数」をして平均的な生涯顧客価値を導出することである。 もう少しコンサバな方法 (さらに…)

SKUとユニットコントロール、ダラーコントロール (知らないマーケターは実社会経験なし)

  SKU(Stock Keeping Unit)は、在庫管理や商品管理のために使用される一意の識別子で、特定の商品やアイテムを識別するために使われます。以下に、SKUに関連する用語とそれぞれの解説を一覧にしました。 バーコード (Barcode): バーコードは、商品情報を符号化した図形的な記号です。SKUや他の情報をバーコードに変換して商品に印刷し、自動的な識別や追跡を可能にします。 在庫管理 (Inventory Management): 在庫管理は、商品や資材の受発注、ストック数の監視、在庫レベルの最適化などを行うプロセスです。SKUは在庫管理において個々の商品を追跡する際に使用されます。 商品カタログ (Product Catalog): 商品カタログは、企業が提供する商品やサービスの一覧や詳細を含むデータベースです。それぞれの商品にはSKUが関連付けられており、顧客や (さらに…)