プロジェクトファイナンスとノンリコースローン

PFでは、ある特定の事業からあがる予想収益を基礎に借入が行われる。担保になっているのは、その特定事業の資産全てであり、スポンサーからは追加の担保を取らない。ローンはスポンサーに対して遡及をしないノンリコースローンになっている。

PFでは、金融機関は、企業が行おうとする事業の将来予想により深く関わっており、そのリスクを負担している。このリスク負担に対応して、より高い収益を期待できる。このようなリスク負担を分散させるため、事業内容を開示して他の金融機関の参加を求めることが一般的である。

このノンリコースローンはかなりキーワード。

この融資は、銀行にとっては従来のように融資先の全資産価値を担保とすることができず、当該投資の成否そのものを判断しなければならないことから、銀行の審査能力が直接に試されることとなる。また、リスクに見合ったプレミアムの設定、スキームの形成についての技術能力など、銀行に総合的かつ高度な能力が必要とされることとなる。従って、能力的にかかる形態の融資を行える銀行は外資系及び邦銀ではメガバンク、系統上位機関(農林中金信金中金等)などに限られる。大手金融機関とシンジケートを組まない限り地方銀行信用金庫レベルでは、ごく一部の上位地銀を除いて能力的に無理であろう。

やっぱり外資系かメガバンク行くべきだね。審査能力、その実務磨かないで、何のためのファイナンス。デットかエクイティを通して企業に関与するにあたり、担保至上主義とか格付けシステム頼りとか、マジで流れ作業オツ。

これぐらいのことやれんと、俺の縁戚の元銀行員おばちゃんみたいになるぜ。

不動産分野での活用が多いが、航空機船舶等の比較的安定したキャッシュ・フローが期待できる動産を対象とする場合もある。また、特定の投資プロジェクト(M&A等も)を対象とする場合もある。ソフトバンクのボーダフォン日本法人買収でも利用された。

いや、ほんと孫さんすごい。

この人の借金経営を危惧してる人は視点が違いすぎる。金融機関を絡めとる能力の高さを褒めるべき。手堅いキャッシュフローを、ケータイと金融期間の両方に持ちながら、ガンガンエグイ投資してるそのセンスだぜ、まじで。キャッシュフローさえ確保しておけばなんとかなるんやって。

ドヤ顔でプライムレート要求しに行った若い頃の話は最高だった。

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる





800px-LineartPresRev


お仕事は、無職です。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。