男女不仲の根本原因は、女が100人いたら本当は99人は興味無いのに、あたかもあるかのように思わせてしまった期待・誤解とこれを支えている性欲を刺激する若さが早々に切れること、及びにこの膣モテバブルの上に築いた女サイドの砂上の楼閣のようなプライド、自尊心が噛み合わなくなってくるから

 

男女不仲の根本原因は、女が100人いたら本当は99人は興味無いのに、あたかもあるかのように思わせてしまった期待・誤解とこれを支えている性欲を刺激する若さが早々に切れること、及びにこの膣モテバブルの上に築いた女サイドの砂上の楼閣のようなプライド、自尊心が噛み合わなくなってくるから

若い頃に変に甘やかしたことが性差別と性淘汰の区別がつかない脳を育てていく

この誤解を解くためには、男子が性欲マターで頑張って女子にアプローチしない・できない年代である中高の状態に基準を置くと良い

「外見・性格面」でのスペックはほぼそこで固まる

その時の評価が最も濁りがない

そこでモテてている女子こそが本物であり、本来、恋愛市場とか結婚市場にふさわしい逸材であり、これをゴールドガールと呼ぶ。それ以外のシルバーガールはどこかで金メッキを塗ることと、金メッキに対する男のレスポンスを学習してしまい、人生のピークである時期に完全なる勘違いに突入する。

残念なのは、人が最も多くを学び、人生の基礎を作る15〜25歳のフェーズがまるまるバブルであること。こうして完全なる勘違いが形作られてしまう。これが往々にして25歳以上の人生の難所を形作る。

 

バブルの渦中にいる時、人は自分がバブルの熱に浮かされていることには気づかない。

 

不満、期待、失望・・・・

その多くは、「思った以上に他人の愛情やアテンションがこちらに向けられていない」という現実に気付いた段階で出てくる。

この社会の壮大なる無関心さに何歳の段階で気づき、慣れていくかは、この生き馬の目を抜く社会で生きていく力に直結してくる。

 

10代の段階から家庭環境が不遇で、社会の冷たさ・真の絶望に晒されてきたような女に限って、他人の愛のありがたみの味わいを感じられる一方で、いい歳になっても延々と実家暮らしをしてきて親に甘やかされて歪んだ愛観念を持っているとやはり他人と結びついても必ず衝突する。絶望に裏打ちされない希望は淡く、脆く、砕け散ることが多いのである。それは歪んだ妄想であるからだ。絶望に裏打ちされた希望は真の希望である。真実である。歪んだ希望や自己評価観念がもたらすのは何をやっても空回りする人生。期待が満たされない、と思ってしまうのだ。例えば親の年収や家庭環境は何十年の蓄積の果てにあったものかもしれない。「夫婦は他人だが親子は縁が切れない」などと発言する人間もまた、根本的に何かを勘違いしている。親子の縁はいくらでも切れるし、他人といえば他人である。すなわち、相対的に勘違いしているのである。根底にあるのは「自分の存在価値を他人を通して確かめられる普遍的な愛や自尊を満たす愛がこの世界に存在する」という自己中心感情の変化球バージョンである。親子関係にそれを見出すものが多い。すなわち、相対的に直系尊属の縁は夫婦のような縁と比べて強く確かなもの、消えないものと勘違いしているのだ。シングルマザーに限って晩年、子供にも捨てられて孤独死したりする。子供は親が思う以上に、親のことをどうでも良いと思っている。

 

 

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男


saionji general trading & business development




800px-LineartPresRev


お仕事は、無職ですが人より課税されています。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。