【国民総売春】 日本の女はエリート・準エリートや堅いコース、実家太い人間以外、必ず春を売っている

 

街でアホそうな女でも、キラキラしてお金ある理由は、こっそりエロマッサージ店とかチャットレディとかしてるから!

仕事とか聞いて、相応に高給じゃないと、必ず何かやってる。もちろん実家が太いたかそーゆーのは除く。

エロマッサージか、メンズエステか、ガールズバーか、セクキャバかわからないけれど、必ず何かやってる。必ず。

堅いコースを歩んでる人たちでも、学生時代とかに必ずやっている。それはエロいバニーガールのバイト、水着BAR、ピンサロかもしれない。

愛人でもパパ活でも、パンツ売りでも、自作AV販売でもエロチャットでも、援助交際でも、必ず何かやってる。

エロいポールダンサーとか、ストリッパーとか、とにかく必ずやってる。それなりの容姿がある人間たちは必ずやっている。

真面目な人間たちは、春を売る業態の広さを知らないけれども、とにかく職業聞いて、『あー』って納得できる相応の職じゃない限り必ず春を売っている。あー、ってなる職業でも学生時代、なんかやってたりする。

非モテ男性は、これを全く理解せず何も知らないまま結婚生活をして、娘ができてもまったく知らないままポケーっとした感じ。

オンナは、必ずと言っていいほど、裏稼業してたり、ヘソクリある。

  1. 専業売春婦でいくか
  2. 公共売春婦でいくか

のチョイスを必ずしている。

ロースペックはそうしないと生きられない。

ここは経済を理解する上ですごいポイント。

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男





800px-LineartPresRev


お仕事は、無職ですが人より課税されています。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。