エリート女性は俺のことをアラジンと思って近づいてくる 「新しい世界へ私を誘って」

 

エリート女性は俺のことをアラジンと思って近づいてくる

ノンキャリ世界、ヤンキー世界、アンダーグラウンド世界には到底近づけないし生涯で道を逸れることは許されない人生だけれど、外の世界に興味があって、そしてその世界も知ってる泥沼から這い上がってきた、ハイキャリア世界の言語がわかる、新世界の創造主である西園寺に。

 

最近やたらとエリート女と知り合う

みんな、悩み事が共通している

 

  • 小さい頃から親が厳しくて習い事詰めの生活
  • 親に強制される環境から抜け出したい
  • 親の顔に泥を塗らないように、どこに出しても恥ずかしくないように、と育てられた
  • 大学やめたい
  • 自由になりたい

 

すごいよ。

家が厳し過ぎて、高校、大学の段階で半ば鬱になっている。

 

でもな、それもな、エリート世界の愛情でもあるんだよな。

日本じゃノンキャリ女の人生なんて地獄なんだよ。男もそうだけど、女は身体を売るしかないから。

 

すごいよな

隣の芝は青いっていうか。

こういう時に、「彼女たちにはソープでちんぽしゃぶってる女の子たちの世界」は見えてないんだろうなって。

 

親の金で高校の時に語学留学して、塾通わされて、私立の大学に行って学費も全部親が負担してて、選択肢が限定されてるような人生じゃないのに。

 

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男


47都道府県・天下統一達成




800px-LineartPresRev


お仕事は、無職ですが人より課税されています。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。