奢りソープは究極の接待だと改めて思った件

実は、昔の友人・知人を奢りでソー●に連れて行くことがよくある。といっても、友人・知人と会う回数が少ない故に母数が少ないわけだが、それでも人をよく連れて行っている。 相手からしたら、ただで綺麗なお姉さんに気持ち良くしてもらえる。ただで綺麗なお姉さんと●ックスできる。舞い上がるような気持ちであろう。特に庶民層は。笑 これを、個人的には「奢り接待ソー●」と呼んでいる。 奢り接待ソー●の破壊力は抜群だ。一気に、相手とのラポールが築ける。帰りの顔がめっちゃニコニコしている。菩薩のような優しい微笑みを浮かべている。あぁ、大人の男はまさに射精するために生きているんだな、と。 コミュニケーションの回数を減らす代わりにいかにしてコミュニケーションに深度を持たせるかは友人マネジメントの着眼点である。まぁ、一番良いのはバサっと切ってしまうことだけども。 あ、数日前に奢り接待ソー●してきました。  ==

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目