【みんな株を辞めた理由】バフェット幻想と夢なくなっちゃった

保険会社のビジネスがバークシャーハサウェイにとって重要である理由は「フロート(float=投資に使えるお金)」と呼ばれる資金の存在によるところが大きいです。

フロートとは保険加入者が払い込んだ保険料のうち、保険金の支払いに充当するための準備金などすぐに出てゆくと思われる費用を差し引いた、残りのお金を指します。このお金は運用に回すことが出来るわけです。2013年末の時点で、このようなフロートは770億ドルありました。

https://media.rakuten-sec.net/articles/amp/2840

バフェットのアルファの源泉は、保険契約で手に入る膨大な流動性を利用した、低リスク割安株のレバレッジおいうことがバレてしまった。

成功の要因としてはGEICOがでかい

まあ元々PIPEがどうのこうの、とか色々指摘されてたけと。ポートフォリオ見ると意外と株じゃない、とかね。

 

まあ、結局、OPR、OPMが富の秘訣よ

レバレッジ、レバレッジ、レバレッジ

 

バフェットはね、あれはね、人物像的にね、巷のバフェット解説本を笑ってただろうね、本人が解説した本は一冊もないからね

本人が本を書いてない成功者を第三者がてきとーに解説してるやつマジ危険

 


===

マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男

 

Make you feel, Make you think. SGT&BD.

 
お仕事は、無職ですが人より課税されています。 「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。 (本当の仕事はquantesque、archspect、marketard)
 
Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)
 
説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。