この子、貴方そっくりだわ!(お歯黒の代わり)

ジャーパネット♪

ジャーパネットー♪(HuHu)

夢のジャパネット西園寺ー♪

 

はいっ!みなさんおはようございます!ジャパネット西園寺のお時間でございますっ!

今日オススメしたいのが、スティーブ・ジョブズの伝記!

名実ともに21世紀最高の起業家、経営者。

彼の自伝をご紹介させていただきますっ!

 

ジョブズですが、若い頃に女性を妊娠させて『自分の子じゃない』と言い張るんですねー!

 

もともとジョブズは高校時代から高い知能を示しておりました。そんなジョブズは、

母さん、母さんが父さんと結婚した時は処女だったのかい?

と聞いたり、

母さん、僕は月明かりの下で処女が摘んだ果物しか食べないんだ

と答えるなど、異才ぶりを若年期から発揮しています。

みなさんのお手元にあるアイフォンを作った人がそーゆー人だったんですねぇ!!

 

いや!

しかし、天才ジョブズの言ってることはあながちおかしくないんですねぇ!

 

ネットにこんな書き込みがあります。

 

 

一人目、二人目は二股してた時の医者の子。
下の子達は旦那の子。
顔は皆似てるけど、頭の良さは雲泥の差。

https://matome.naver.jp/m/odai/2150442407190186501

 

もはやホラー。サスペンス。

 

結婚指輪、お歯黒、姑の圧力、不自由な結婚生活、、、これらが存在する理由は意外とそんなところにあるのかもしれませんねぇ!

 

 

PS

マン:この子、貴方そっくりだわ!

チン:おお!そうかぁ!そっかりかあ!ガハハハ!

マン:そうよ!貴方そっくり!お目目とかほら、見て!貴方そっくりよ!

(やばい、魔が差してゴム無しで別の男とヤッたのがバレたら大変だわ、、、、。まあ、でもいいわ、この人から愛されてる実感ないし、自業自得よ!マイホームも買ってくれないし)

 

PPS

西園寺も髪型はマイケルジャクソンそっくり。

西園寺でさえ、か。

 

PPPS

たまに、『性犯罪者はチンコちょん切れ!』とか『性犯罪者にチップ埋めろ!』とか過激な発言があってそれに男も加担してる場合が見受けられるんだけど、その手の議論をするのなら、男女両方の性行動監視して、産まれてくる子供全員DNA検査するぐらいの勢いがいるかもよ。

そしたら衝撃の真実が見えてくるかもよ。

 

そもそも性犯罪系や卑猥系は法律のプロも、国の介入度合いについて悩んでるからね。

 

たまに、男女のカップルとか夫婦が喧嘩してるのを見てた外野が、『女の人可哀想!』ってなぜか女側に加担したりすることがあると思う。

 

俺ならスルー。

人の恋愛と夫婦事情、スルー。

街で女の子が彼氏か旦那と思しきオトコに殴られてても、スルー。

 

俺が弁護士なら絶対にやりたくない案件、離婚案件。

くだらないアンド儲からない。

 

女がなんかやられてるのを見て、自動的に

可哀想!

被害者だ!

助けてあげなきゃ!

と思うのは、おそらく不平等。もしかしたら男が被害者かもよ。

 

女性の方が非力だから!は関係ありません。私も、ミルコクロコップみたいな男に襲われたり、アナルを掘られたら逃げ場がありません。

ヤバそうなクラブとか行って囲まれてボゴボコにされて財布を取られるとか、こーゆーのは実際やられると逃げ場が無いですね。多勢に無勢。

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる





800px-LineartPresRev


お仕事は、無職です。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。