コピーライターがマーケターに脱皮するのに必要なのはこれを理解することだ

コピーライターがマーケターに脱皮するのに必要なのはこれを理解することだ

要するに、

  1. 金にならないくせに、買わないくせに
  2. 買うまでにコストがかかり
  3. しかも買う確率が低い
  4. 買ったところでリピートしない定着しない

ようなクソ客からは投資を引き上げろ、だ

 

すべてのお客様は神様で神対応しましょう

という教えは底辺ソルジャーに教えられるもので、経営本部、経営企画、マーケティング本部では、『要らない客、捨てる客、切る客』を考えている。部長クラス以上にならないと見えない世界。

 

コトラーのマーケティングマネジメントのように、将来外資コンサル、外銀、経営幹部になるような奴が読む定本には、

クソ客を切ってライバルに送り込め!そしたら自社の効率は良くなりライバルの足を引っ張ってくれて事業が上向く!

とガチで真剣に語られている。

 

  • 試食コーナーばかり回るクソ客
  • 目玉商品だけめざとく漁るクソ主婦
  • フリーで配信されるものばかり触れて課金しないゴミ(学生は良いとしてジジイババアはクソ)

というのは、ビジネスの頭脳部分で真剣に問題視されている

 

昔から軍隊でも、現場の兵隊は命かけて闘う一方で、上の幹部は粛々と、致し方ない犠牲などを数字で計算している

上で見えてる世界は下で見えてる世界と違う

下の世界で繰り広げられる良し悪しや損得や正解不正解とは違うレイヤーでの話が上で繰り広げられている

 


===

マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男

 

Make you feel, Make you think. SGT&BD.

 
お仕事は、無職ですが人より課税されています。 「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。 (本当の仕事はquantesque、archspect、marketard)
 
Lose Yourself , Change Yourself.
(変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気を我らに与えたまえ。変えることのできないものについては、それを受け入れられる冷静さを与えたまえ。そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを、見分ける知恵を与えたまえ。)
 
説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。