疲弊の乗り越え方を教えよう。人生に休みが無いと感じるなら。

疲弊の乗り越え方を教えよう。人生に休みが無いと感じるなら。

 

君はまず、「人生の経営」に失敗している。人生の利益率が足りていない恐れがある。まず、王道に生きすぎているかもしれない。東大卒-GS、早稲田卒-商社、みたいな人間の下位劣化版みたいなことをやっているから、飲食店店長にしてバイトのJKとえちえちしてるマイルドヤンキーとか、中卒でヒモしているエチエチギャルと暮らすヤンキーより劣っているように感じられる生活をしているのかもしれない。

それから、リスクを取ってないかもしれない。リスクを取らないなら、ひたすら消耗戦ゲームに突入することになるだろう。

あと、どう足掻いても疲弊する世界というものがある。例えばサラリーマンだ。スケジューリングをいくら頑張ろうと、マルチタスクを処理する技術を身につけようと、立場そのものがもう疲弊する立場だ。

 

それより何より、人は、楽しいことや熱中していることには疲れない。もう、実作業だったり拘束時間があるのは諦めて、「自分が永遠と熱中してられること」を探すという適性論に走っても良いかもしれない。君は自分が明らかに向いていないことについて答えられるかな。


===

マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男

 

Make you feel, Make you think. SGT&BD.

 
お仕事は、無職ですが人より課税されています。 「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。 (本当の仕事はquantesque、archspect、marketard)
 
Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)
 
説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。