空耳で英語を当てはめた歌詞が面白い😂

To want it would catch paid
(求め続ければいつか報われる)
I gonna say it such not many
(もう何度も繰り返しては言わないからな)
I can sanse mare whole needed act to now go lawyar
(弁護士の展中とまともに語り合うくらいの知識は持ってるさ)
Not truely more than dog-bone of dear…ooops, let it out
(まだマシだ、あの糞野郎よりは・・・いや、何でもねえよ)
Authors know morethan need you dare to regard, terminal act
(政府はおまえが知っている以上に色んな事を知ってやがるのさ)
Survived kids have exiled led to gotta zack
(生き延びたガキ共は小銭が欲しくてこの国を出て行ったよ)
Do it legal, that govern sir and worker
(法律には従え、そうすりゃ誰も文句は言えない)
Neo slight world
(新しい薄っぺらな世界)
Suicide world
(自殺者の戯言)

Hell, Ms master of death pirates
(あんたが死の海賊とやらの女主人かい)
I gonna fallin games
(さあ、ゲームを始めようか)
Thug gonna burnin’ out really
(マジで燃え上がってやるぜ)
So don’t let me dance in the rain, in the rain
(俺を雨の中に放り出さないでくれよ)
Thug gonna burnin’ out really
(マジで燃え上がってやるぜ)
Choose in the lay in the eraser rain
(嘘の雨から真実を探し出すんだ)
Down let me dance in the eraser rain…
(全てを洗い流す土砂降りの中から・・・)

I checked it out but keep it back
(ちょっと調べてみたがすぐ棚に戻したよ)
I gonna cursed sadist
(俺は呪われたサディストさ)
Don’t venture as mirror, tax suit
(あんまり無茶するなよ、税率は程々にな)
Your volly could be same ‘Mom
(おまえらの国の一斉攻撃よりママの説教の方が恐ろしいぜ)
Go! Count cold Nigger Hold out
(冷たくなった黒人の死体を数えて抱きしめてやってくれ)
She cut the Nigger ring
(彼女は一線を越えちまった様だ)
Crack! Juggle juggle those zone!
(この辺りをメチャクチャに引っ掻き回してやれ)
Kill whole guest of the game
(ゲームの参加者を皆殺しにするんだ)
Hack ghoul’s soul, and she need comin in Nigger
(不死者の魂を汚すあの糞アマを此処へ引っ張り出して来い)
Canned cake is nothing
(お菓子は全部没収だ)
She’s the sole minister silly enough so Noah were dipped
(あんなビッチが統治すりゃノアの箱舟だって沈んじまうさ)

Killer! We are the killer!
(殺戮者だ!俺たちは殺戮者だ!)
My name is killer! Even your killer
(俺の名前は気にするな!お前を処刑台に送る死神さ)
Do it!
(覚悟しろ!)
Killer! We are the killer!
(殺戮者だ!俺たちは殺戮者だ!)
My name is killer! Even your killer
(俺の名前は気にするな!お前を処刑台に送る死神さ)
Do it!
(やっちまえ!)
Whether you mean soul gill as no-sugar puff
(おまえは今更あの女のことをぼろくそに言ってやがるが)
Surely iongin 4 peace, ain’real
(自分はさも平和主義者みたいな顔しやがる、どうせ嘘だろうが)
Mute it, no more the name who’s bitch
(いいから黙れよ、あのビッチの名前を聞くだけで虫唾が走るんだ)
Whether you mean soul gill as no-sugar puff
(おまえは今更あの女のことをぼろくそに言ってやがるが)
Surely iongin 4 peace, ain’real
(自分はさも平和主義者みたいな顔しやがる、どうせ嘘だろうが)
Mute it, no more the name who’s bitch
(いいから黙れよ、あのビッチの名前を聞くだけで虫唾が走るんだ)
Violencer
(暴君よ)
That’s fallin’pain
(地獄へ堕ちろ)

Just born a bury the really
(でっち上げの真実は埋めて)
Than going the ray the razor rain
(降り注ぐ痛みの雨を行け)
Thug gonna burnin’ out really
(マジで燃え上がってやがるぜ)
So don’t let me dance in the rain, in the rain
(俺を雨の中に放り出さないでくれよ)

Dancin’ she’s gonna bloody
(彼女は血塗れになって踊ってやがる)
I gonna nail her set
(そろそろトドメの一撃をお見舞いしよう)
Dacin’sge’s gonna bloody
(血塗れで踊り狂う彼女に)
I gonna littele a say
(俺は一言呟いた)
Going out laid rain the lain
(雨の中に置き去りにしないでくれ)
Sadden…
(悲しいんだ・・・)

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男


saionji general trading & business development




800px-LineartPresRev


お仕事は、無職ですが人より課税されています。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。