自惚れるなよ!20代前半までは恋愛の結果に一喜一憂するが、20代後半からは恋愛できることすら羨ましい、というようになっていくが仕事も同じで、物事は加齢とともに『参加券(チケット)』すらレアになってくんだぜ?

 

自惚れるなよ!20代前半までは恋愛の結果に一喜一憂するが、20代後半からは恋愛できることすら羨ましい、というようになっていくが仕事も同じで、物事は加齢とともに『参加券(チケット)』すらレアになってくんだぜ?

仕事も恋愛も35過ぎた奴らにチケットは与えられないことも多くなる。

結果ばかり考えて足を止めるのは自惚れてるってことさ。

チケットすら希少になってく未来が見えてない。

結果に期待して、うまくいかなくて、失望してどうこうとか言ってられる、振り回されて悩んでられるのも実はありがたい贅沢だったと後から気づく。加齢すれば全てがnothingの世界に突入していく。

転職も起業も恋愛もなんでもそうだ。だからウジウジ言う前に、

期待しちゃったり、信じたのが裏切られちゃったり、、、とかいう心の動きができるのは若いうちだけじゃ無いか

と思って走り切ることが重要

おじさん、おばさんになって、恋愛にしろ、仕事にしろ、期待できると思うのか?何か良いことがあると思うか?

あるわけないだろ?

 

チャンスすらない、

一ミリの期待すらさせてもらえない、できない、

 

それがおじさん、おばさんの世界観さ。

 

蜘蛛の糸にしがみついてきたぜ俺は

必死になって探し回るんだ

 

 

 

===


マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男


saionji general trading & business development




800px-LineartPresRev


お仕事は、無職ですが人より課税されています。
「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。


Lose Yourself , Change Yourself.
(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)





「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」

(組織と他人に縛られるのが大嫌いな人)


"強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。"

"世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。"

"悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。"

説明しよう!西園寺貴文とは、常識と大衆に反逆する「社会不適合者」である!平日の昼間っからスタバでゴロゴロするかと思えば、そのまま軽いノリでソー◯をお風呂代わりに利用。挙句の果てには気分で空港に向かい、当日券でそのままどこかへ飛んでしまうという自由を履き違えたピーターパンである!「働かざること山の如し」。彼がただのニートと違う点はたった1つだけ!そう。それは「圧倒的な書く力」である。ペンは剣よりも強し。ペンを握った男の「逆転」ヒップホッパー的反逆人生。そして「ここ」は、そんな西園寺貴文の生き方を後続の者たちへと伝承する、極めてアンダーグラウンドな世界である。 U-20、厳禁。低脳、厳禁。情弱、厳禁。