CopyWriting講座

クロード・ホプキンスの本は値上がりしちゃってんだよね

広告マーケティング21の原則 広告でいちばん大切なこと クロードホプキンスの本は値上がりしちゃってんだよね 昔はこの本もバカみたいに読んだなぁ。広告科学の創始者とも言われるホプキンス。ジェイ・エイブラハムはこの本を読むまで広告の仕事をしてはいけない、なんて言っていた。ハーバード大学の教授の年収が1000ドル以下の時代に18万5000ドルで広告代理店に採用されたホプキンス。 ホプキンスといえば、とにかく、テスト、テスト、テスト。   https://marketing-campus.jp/person/ha/024.html        ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男saionji general trading & business development (さらに…)

ロバートコリアーはだいぶスピリチュアルに走ったが某経営コンサルタントKと同じで大衆がそういうのが好きなのを見抜いたか、自己啓発とか

ロバートコリアーはだいぶスピリチュアルに走ったが某経営コンサルタントKと同じで大衆がそういうのが好きなのを見抜いたか、自己啓発とか だから引き寄せの法則とか好きじゃないのよね、俺は、大衆が好きそうなやつに迎合したの コピーライター、マーケターが考えたスピリチュアルネタな ジョー・ヴィターレも同じ   コリアーは1920年代から30年代にかけてセールスレターで、現在価値1000億相当の利益をあげているからなぁ セールスレターで1000億を生んだのだ まさに錬金術   古典文学全集から、フェイスクリーム、煙管、冬用コートまで、なんでも売れた なんでもセールスレターで売った   ショーマンシップは常に注目を集める 釣りに行くなら餌が必要だ     昔はコリアーのコピーライティングを色々研究したりしたけれど、結局うまくいかなくて独自の体系を開拓する (さらに…)

弱者はやっぱりコピーライティング

  弱者はやっぱりコピーライティング 弱者こそコピーライティング 薄い資本で戦ってるならコピーライティングで一点集中的に戦うのだ これは近接ゲリラ戦で刀を使うようなもの アメリカ軍的に大量の空爆するスタイルのマーケティングは弱視は無理だろう      ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男saionji general trading & business development お仕事は、無職ですが人より課税されています。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるの (さらに…)

西園寺貴文が一文なしになったらすること5ステップ

西園寺貴文が一文なしになったらすること   商品見つけてくる 広告つくる PPC広告に出稿する 売るか、リスト取りする 儲かったら再投資する   以上      ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男saionji general trading & business development お仕事は、無職ですが人より課税されています。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない (さらに…)

独身のうちに札束PPC広告💵💴に突っ込んで遊べ!君は金持ちになるだろう。

  独身のうちに札束PPC広告💵💴に突っ込んで遊べ!君は金持ちになるだろう。 若き日のサムライコピーライター西園寺は、ペラページを何パターンか用意してPPCでアクセス流して遊んでたぜ。コピーライティング武者修行。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男saionji general trading & business development お仕事は、無職ですが人より課税されています。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くな (さらに…)

一生金に困らない3ステップ教えてやる ①寝ぼけたwebアクセスをコピーで叩き起こす ②レスポンス取る、リード ③売る

  一生金に困らない3ステップ教えてやる ①寝ぼけたwebアクセスをコピーで叩き起こす ②レスポンス取る、リード ③売る   この①ができるかどうかが、商売で食っていけるかみたいな分水嶺で、最初の関門 寝ぼけてるトラフィックを起こす 目を見開かせる   相手の心拍数あげる勢い   具合悪くなるくらいの破壊力与えるくらいでコピーでゴリゴリする たぶん、webの新規はそれぐらいでいい どうせ鼻くそほじりながら、ポテチ片手に、飛ばし読みしてやがるから            ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男saionji general trading & business development お仕事は、無職ですが人 (さらに…)

おい!ボケ!カス!オプトインしろ!コンバージョンしろや!!ぐらいの勢いで、エモーショナルなアジテーション使わないと新規客は掘り起こせない、というか奴らは寝てる。寝ながらweb観てる。

  おい!ボケ!カス!オプトインしろ!コンバージョンしろや!!ぐらいの勢いで、エモーショナルなアジテーション使わないと新規客は掘り起こせない、というか奴らは寝てる。寝ながらweb観てる。 一昔前の情報商材のセールスレター、あのベネフィットゴリゴリのメラメラのやつは、CPAに悩んでる人、新規開拓に悩んでる人とかは偏見のメガネを置いて一度研究してみる価値あり。大胆なオファーで目を覚まさせるパターンもあるけど、ゴリッゴリの煽りコピーで起こすパターンもあって、とにかく、新規とか未開拓ってそれぐらいじゃないと起きてこない、みたいなところはある。 あれね、2ステップで、時間かけて囲っていくとかじゃなくて、いきなり1ステッフやろうとかいう場合ね。あと、2ステップでも、ランディングで反応が悪いとかであれば、ゴリゴリグリグリして起こすやり方もある。      ===マ (さらに…)

薄給低所得業界やロワークラスの人間の副業は『株・FX』だが、高給業界やハイクラスの人間の副業は『書く事』

薄給低所得業界やロワークラスの人間の副業は『株・FX』だが、高給業界やハイクラスの人間の副業は『書く事』   銀行、保険、証券はインサイダーの恐れがあるため、副業で株は禁止 → 作家に元金融界隈出身が多い理由 コンサル出身もインサイダーの恐れがあるので、ライティングで副業デビューが多い そのほか、会社の上層にいた人や上層と関わりがあった人もインサイダーの恐れがあるのでみんな書いてデビュー 働いていて、活躍した、実績がある、何かを達成した人たちはみんな書くことがある 有名になったビジネスマンはだいたい書いたことがきっかけ   → 逆に言うと書くことがないやつが株やFXに群がっている        ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男saionji gener (さらに…)

ジョン・ケープルズは「好奇心」は訴求力が弱いと言ったけど

オンラインマーケティング・コピーの世界で長いことやってきて、いろいろテストしたり経験してきた結果、ネットでは好奇心の訴求力がかなり強いことがわかっている。ま、個人的な調査結果なんですけど。要するに、「ベタ」なんですよ、巷のコピーは。もう、パターンが出尽くしてしまっている。好奇心というのは、基本的には未知のものに対して向けられる。オンラインで好奇心という要素が相対的に上がっている理由はただ一つ。もう、テンプレ的な見出しが使い古されたから。みんなが同じようなことをやっているから。実際、シュガーマンなんかは見出しの役割について「メリット」については一切言及してない。メリット書く必要ない的なスタンス。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男saionji general trading & business de (さらに…)

大人の共感は難しい

久しぶりにcopywritingを教えたいと思います。 copywritingというか、テクニック話、小話なんですが。   結論から言います。 「大人の共感は難しい」っていうお話です。   自分の境遇を共感してもらおうと思い、不遇だった貧乏時代、恋愛の失敗などを語るときには気をつけた方がいいです。 なぜなら、 「お前が無能だっただけだろ!」 「お前が女扱いが下手だっただけだろ!」 と思われてしまう可能性が多少なりあるから、です。   西園寺貴文の受講生はほぼ男性。 しかし最近は女性も増えてきました。 両方接してみて、つくづく思うのですが、男は闘争的、女は融和的だということです。男性の受講生は、競争心、嫉妬心、攻撃意欲、メラメラです。メラメラ。   男性の場合、人が心の内を打ち明ける際、それに寄り添うのが下手です。寄り添うどころか、相手を叩いたりします (さらに…)