つぶやき

浜田さんが小川菜摘さんと結婚した理由

今って、四六時中気ぃ使わんとイカンような女って多いじゃないですか?ちょっと寂しそうな様子していると、「どうしたん?」って聞いてやらなあかんみたいな。でも、そういう意味でアイツは違ったんです。だから「気ィつかい」のボクにとっては、すごく楽で、くつろげる人間やったんですわ。それが結婚を決めた最大のポイントやと思います。ーp103 浜田さんは、かなり人を見る目があると思う。相当あると思う。小川菜摘さんは、やっぱり、はたから見てても凄いいい女だなってのが伝わるし、結局浜田さんが松っちゃんと組んだのは、正解だったわけで。実は松っちゃんをお笑いに誘ったのは浜ちゃんだし、事務所選びで吉本を選んだのも浜ちゃんだったりして。 「オレと浜田の関係いうのは、まず浜田が林の中にひとりで入っていって、ガーッて木を切り倒して平地にする。そこにオレが行って、家を建てるみたいなもんや」まさにそうやったんですわ。ーp146 (さらに…)

女向きの男、女の顔色伺う男

でも、最近思てしまうんですよ。ど〜も、今の男たちは、ちゃくちゃくと女向けの人間になってきてるんやないか?とね。いうたら、「女向きの男」ちゅうヤツですわ。男と女が2人でいるとき、男はデーンとしとらんと、女にとってラクで快適な男であろうと常に努力している。ファッションや外見の問題ではないんです。心の底で女の顔色を常にうかがっているような男が急増しとる気がするんですわ。ーp43 めっちゃ言いたいことがわかる。さすがやね、浜田さんは。女の子に好かれる、モテるのは大事だけれど、心の根っこの部分で、女の顔色向きながら生きる人が増えていると。まぁ、これ、いつの本だろうか、結構前の本だけれど。生きがいみたいな部分を女にアウトソーシングしすぎてるってことでしょうか。 男がそんなんやから、最近ホンマ、クソ生意気な女が増えましたワ。ーp44 笑。 まぁ、でもこれ、東と西のスタイルの違いでもあるような気がする。ど (さらに…)

芸人のギャラ

芸人のギャラいうのは、もともと決まった値段なんてないんです。そやから、がめつい話でもなんでもなく、いったいオレらはいくらなんや!?と思うんですよ。どれだけ「おまえら、おもろいわ〜」とか「最高や〜」とかいわれても、「ホンマ、ありがとうございますっ!」と、お礼だけして終わるわけには行かないやないですか。どこで評価してもらうのかというと、結局はギャラの金額でしかないんです。ーp20、21 そうね。それ、凄い大事。結局、お金を稼げるのかっていうところが、確かな実感みたいなところはあるからね。多分、資本主義社会の中にはいろんな評価のパターンがあると思うのだけれど、お金の入りが伴ってくる評価じゃない限りはホント苦しめられそう。俺はそう思うね。一度、お金がついてこない評価は評価じゃないってゼーンブ自分のことをリセットしたことがあったから。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、 (さらに…)

ダウンタウンですら、明日は見えない

でも、ボクら芸人がこういう仕事をしてて、今の位置におられるのなんて、はっきりいうて、いつまでなのか見当もつきませんよ。水商売やから、ホンマ、どこでどうなるのかわからへんのがボクらの商売なんです。ーp16 そうそう。俺も水商売。水商売なんて、明日は見えないぜ。問題は、何に賭けるかでしょうね。浜田さんはきっと、松本さんの才能に惚れ込んでて、松本さんが「俺より面白いやつはこの世にいない」って言ってるのを、「俺もそう思う」って感じでフィットしちゃってるタッグだから。でも、なんやかんや言いながら、ダウンタウンは浜田さんの功績によるところがかなり大きいとは思うけれど。どちらにせよ、この人たちクラスでこういうことを言うんだから。 でも面白いのは、松っちゃんの若い頃の言を聞いたら、不安なんて1ミリも感じさせないのよね。笑。そこが凄い面白いの。笑。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でも (さらに…)

文句言わない人材

何かを正すとか、改革するって、絵面としては華々しいけど結局そこに長居してられないんよね。だから改革者には保身は有り得ない。転々としなければならない。 今、あちこちで役員を兼務してる、多彩な才能の持ち主の書物を読んでるんだけれど、経営者の欲しい人材ニーズは、『自分と一緒に策を練ってくれる人』であるけれど、それと同時に『いつ寝首を掻かれるかわからないという不安』があるとされてる。だからたとえば、『おまえこれ、持ってて』と指示した時に文句をブーブー垂れるような人より、『まあ、あの人が言うから』という感じで言うこと聞いて、頼んだ側が頼んだことを忘れててもずっと健気に待ってるような人間を欲しがってる、とある。 逆に言えば、牙を剥くタイプは欲しがられないってことだ。仮にそうやって闘志をむき出しにしたところで、何かを正したり改革していくにしても、常に場所を変えていかねばならない。終わりなき戦いの道のりが (さらに…)

多数派が正常で、少数派が異常

ブラックジャックによろしく/佐藤秀峰/同作は二次利用フリーです 頭おかしいことや少数派であることを全力で肯定してしまえば多数派のことは気にならなくなるけれど、少数派であることは期間限定だったりして、時代が追いついてきたりするからミズモノだったりする。止まっている時計の針は、日に2度正確な時刻を指すからね。 多数派を追いかけるのか否か。これはすごく難しい。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きて (さらに…)

人を傷つける

ブラックジャックによろしく/佐藤秀峰/同作は二次利用フリーです くぅ〜〜〜っ!名作やね。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。" "世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。" "悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続けるのみ。" 説明しよう!西園寺貴文とは、常識と (さらに…)

真面目に生きてれば大丈夫、という間違い

ブラックジャックによろしく/佐藤秀峰/同作は二次利用フリーです 真面目に生きてれば大丈夫、悪いことしなければそれでいいんだ、という発想。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。" "世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。" "悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるならば、清濁併せ吞み、仮面を被った「良貨」であり続 (さらに…)

生きることと死ぬことの境界線は曖昧

ブラックジャックによろしく/佐藤秀峰/同作は二次利用フリーです これ思ったことある人多そう。笑。個人的な経験から言わせると、生死の境界線を曖昧に感じられて、生きてることと死んでることに大差無いのではと思い始めてる時は、たとえばやってる仕事とか辞めた方がいいね。向いてない。たぶん、お金とか地位とか暮らしにしがみついてるんだろうけど、そーゆー人は貧乏やニートを過度に恐れてる。やったことないから。でも、一回落ちてるみると清々しいほどの充実感があったりする。人生に振り幅があってよかった。俺がこのおじさんみたいな目をするようになったら秒速でやめるね。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Your (さらに…)

覚悟

ブラックジャックによろしく/佐藤秀峰/同作は二次利用フリーです 覚悟できた時を振り返ってみると、自分の命を粗末に扱えたからだったと思う。自分の命を大事にしていた時代の人生はクソだった。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)@僻地で生きる お仕事は、無職です。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。" "世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えられる。" "悪貨が良貨を駆逐する中、悪貨に転じないことが「恥」や「損」であるな (さらに…)