独自企画・独自コンテンツ

PODUXURY CITY VOICE 名古屋栄

色欲、酒、車、ブランド品。わかりやすい「豪勢」に溢れた街、名古屋・栄。幾多もの成り上がりを生み出し、関東・関西的なシグナルとヒエラルキーに拘束されないこの街には、意外にも現代のジャパニーズドリームを示唆するヒントが散りばめられていた。 信長と家康・秀吉の関係は、今で言う「上司と部下」でありながら、「師匠と弟子」の関係でもある。信長がいなければ秀吉は世に出る機会すら無かっただろうし、家康も今川の一部将で終わっていた可能性が高い。 「天下布武」。信長が発したとされるこの言葉は、一見すると武力にて日本を統一するという傍若無人なワードに思えるが、天下泰平も意味するとされ、また、常識や権力に囚われず新しい考え方や文化を積極的に取り入れながら、合理性を追求していく精神も見え隠れする。 いわゆる三英傑は全員、愛知県の出身である。それどころか、日本一の売上を誇る企業TOYOTAもこの土地のビジネスであるこ (さらに…)

PODUXURY CITY VOICE 神戸三宮

金持ちになって、どんな良いことがあるんだろう。その答えを見失いかけたとき、五感で喜びを教えてくれる街、神戸三宮。海、山、川が一つのアングルに収まる港は、資本主義の愉悦だけではなく、「攻略」のための隠れたメッセージを発していた。 すなわち、経済的成功とは美しさ(Beauty)と快適(Comfort)に住むということ。何のために稼ぐのかの答えだけでない。どうやって稼ぐのかの答えも現存する街の中に。リアルドリームをその手に。   BE KOBE, is you.   「PODUXURY CITY VOICE 神戸三宮」は夢と現実が同居する新たなる真実のご提案。「欲しいものは神戸にある ーBE KOBE, is You」の観点からsaionji general trading & business development監修のもと企画・開発された、フロンティアランナーら (さらに…)

外資系ECLM&CCTC産業 Principal & Principles 【ミスター】

  人生には、「やった後悔」と「やらなかった後悔」があるという。   20年経てば「やった後悔」は笑い飛ばせるが、「やらなかった後悔」は墓場まで持っていく羽目になるという。 自己啓発書で摂取したその教えを胸に生きてきた。       「自己啓発」「人生訓」 言葉は何でも良いが、この世界には教えが溢れている。 若き日には何が本当かわからない。     実際、いい加減な話も、何か意図がある話も、嘘も、多い。   若いうちは遊べ 若いうちは選択肢を広げろ 若いうちは海外を見ておいた方が良い   御多分に洩れず、私もそういう話をよく聞かされてきた。   これが市井に流通する一般論なら、自己啓発界隈でよく言われるのが、「後悔しないように行動せよ、好きなことをやれ」という類の教えだ。「やる」か「やらない (さらに…)

外資系ECLM&CCTC産業 Principal & Principles 【ミスター】(2)

    アラサーとアラツーは何が違うのか。   まず、今のアラツーの美の磨き方について私が思うのは、「服にあまり金をかけない」ということと、「肉体的なトレーニングに力を入れる」という傾向であり、これはアラサーとの顕著な違いだと感じている。服に関しては、ZARA、ユニクロ、GUなどの存在感が大きい。ZOZO TOWNもある。10年前と比べると、今は圧倒的に安価で高品質な服を、かなりのバリエーションの中から選び、楽しむことができる。地方の過疎化が進む中で、都市集中は加速しているが、都市に移住すれば車が無くても成立する。時代柄、車を持たない人も多い。服と車に異様に金をかける、というタイプは減っていると感じる。 「女性の買い物に付き合わされる男」で検索をかけると、世界中、世代を超えて悲劇が共有されていることを確認できる。私も若い頃、彼女という存在は得てして「長い服の買 (さらに…)

外資系ECLM&CCTC産業 Principal & Principles 【ミスター】(3)

  「もしもし」 「はい、西園寺さん、お疲れ様です」   「あのさぁ、この前のコンサルの件なんだけれど」 「はい」   「やっぱ、受けるわ」 「・・・・え、急にどうしたんですか」   「ちょっとー、今月、金使いすぎちゃって」 「え?」   「いや、別に大丈夫なんだけれど、なんか、個人的にすごく雑な使い方したかなと思うのがあって。今月ちょっと・・・・やりすぎたかな?ってのが連続して。 「え・・・?」   「多分、統計的に+3Σの異常値が出てるはずだから、もしかしたらカード会社から『大丈夫ですか?』って確認の連絡来るかも」 「いくら使ったんすか(笑)」   「まぁまぁまぁ、それはさておき」 「キャッシュフローまずいんですか?」   「いや、別にお金に困ってるってわけじゃないんだけれど・・・・・・・。それだけじゃなく (さらに…)

外資系ECLM&CCTC産業 Principal & Principles 【ミスター】(4)

  「USPにつながる投資が特に有効です。オワコンにならないUSPです。2年間、全く点が取れないサッカー選手に成り下がらないような、3年逆算した投資です」 「なるほど・・・・・」   「ここからは戦術論、つまりhow論、物事の運び方の話をしたいのですが」 「ええ」   「目的に向かってプロセスをつなぐ、ダイナミックにつなぐ、という点ではサッカーやバスケ、ハンドボールのような敵味方入り乱れるダイナミックなフィールドプレースポーツの考え方がかなり応用できます」 「・・・」   「世の中にあるスポーツで、最も点が取りにくいスポーツは、メジャースポーツに限定すれば、間違いなくサッカーです。観戦素人は基本的に得点シーンばかりみるので、その意味で『どこを観ていいのかわからない』『点が入らずつまらない』と観戦を忌避されがちなのがサッカーですが、そんな点が取りにくい (さらに…)

外資系ECLM&CCTC産業 Principal & Principles 【ミスター】(5)

    This is a ●● Line …departing at ●● for●● The final destination of this train is ●● we will soon arrive at ●●       「えーっ、東日本大震災の時、小学生だったん?」 「せやで」   「そっかー、今の大学生ってもうそんなんなんだ」 「時の流れは早いよー」   「早いよなー」 「高校生に戻りたいよー」   「何をおっしゃるんですか、華の女子大生さんww しかも大学生なったばっかなのに」 「高校の頃が一番楽しかった」   「いやいや、楽しいことはこれからでしょ?ww 大学生活これからじゃん」 「もう楽しいことあるんかなー?」   「まだ19歳でしょ?」 「19の時どや (さらに…)

【分割版(3)】外資系ECLM産業Principal&principles doctor

  【分割版(2)】の続き   ーーーーー   「えっ・・・・お兄さん、どこを・・・・」 「あっ、えーっと、ここのホクロを取りたいんですけど・・・・」   「あっ、なるほどぉ、びっくりしたぁww」 「えっ、どうしたんですか」   「いや、お兄さん、顔いじるところ無いなって思ったので、『どうしてうちに来たんだろう』って・・・・」 「あっ・・・・」   「なんか、この笑った時に出る、目尻のシワもいい感じ、すごい綺麗ですし」 「いやいや、そんなことないです・・・・」   「このホクロだけ取りに来たんですか?」 「あっ、はい・・・・」   「へぇ・・・・・」 「あと、美容整形外科ってどんな感じなのかなーってちょっと興味があってw」   「ふっw・・・面白いですねww」 「すいませんw」   「えーっ (さらに…)

【分割版(2)】外資系ECLM産業Principal&principles doctor

  【分割版1の続き】   ーーー   「え、今、どこにいるの?」 「今、横浜」   「何してるの?」 「今からデート」   「え、誰と」 「荒野行動で知り合った女の子と」   「毎回毎回よく見つけてくるなぁ笑 なんでそんなに出会いあるんだよ笑」 「まぁ、行動力の差ですねwwwwだからボク自由、君社畜www」   「うざwwww」 「うそうそwwwwその分、事故も失敗も多いよ、嫌な思いもしまくってるし」   「え、最近どんな事故があった?www」 「なんか、マッチングアプリで知り合った子と会ったんだけど、その時の写真も、連絡先交換してもらった写真もめっちゃ美人だったんだけど・・・・・そしたら、思いっきり写メ詐欺ってて、実際会ったら全然別人のごっつい太い奴来た」   「やばwwww」 「やっぱ、女って頭 (さらに…)

【分割版(1)】外資系ECLM産業Principal&principles doctor

    小・中・高と3つ数えるうちに、少年少女はいつの間にか選択を迫られる。   小学生の時、テレビに映るスターはみんな歳上だった。 中学生の時、イヤホンから流れてくる音楽はみんな歳上が歌っていた。 高校生の時、友達の友達が甲子園に出場した。テレビに映った彼らを観て女子たちが色めき立っていた。   ・・・・・・・気がついたら歳下のスポーツ・エリートたちも出てきた。芸能スターもゾロゾロと出てくる。     大学生年代、社会人年代になるにつれ、周りの「普通の人たち」が、行列を組んで同じ方向に向かっていく。まるで決められた運命をなぞるように。 気がつくと、「大人」と呼ばれる歳になり、「若者」とはもう呼ばれなくなる。「出遅れ」はいつの間にか「手遅れ」になる。   ボートの上で寝ていたら、いつの間にか目の前に滝が迫っているかのごと (さらに…)