独自企画・独自コンテンツ

イケてる×イケる=イケイケ 戦略人事 相性収益モデル環状線

人生は、「イケてる×イケる=イケイケ」の公式で成り立っています。   人の悩みは必ず、 イケてる イケる のいずれか、または両方に関連するものです。   異性、仕事、住居、なんでも良いですが、人は何かに魅力を感じ、 「イケてる!」 と思ったら申し込みをします。手に入れよう、近づこうと手を伸ばします。第一志望が通ればハッピーであり、場合によっては第二志望、第三志望・・・と妥協をしなければならないこともあるかもしれません。 ただ、人は、イケてる対象を見つけても、 「自分なんか無理だ・・・」 と思ったら申し込まないでしょう。「イケる!」と思わないと、例えどれだけの美女であっても、どれだけの綺麗なお家でも、どれだけの優良企業であっても、自分には無関係なのですからアウトオブ眼中になります。無縁の対象であり、手が届きません。また、何かの間違いでリーチできたとしても、だんだん、場違い (さらに…)

【人生の三大KGIシリーズ】 人生の成長率 「伸びる」

  都内の電車。 小学校低学年ぐらいの女子三人組が、熱心に本を読んでいる。   ものすごい熱中している。   最初は絵本を読んでいるのかと思った。 よく見たらびっくりした。   本のタイトルから、科学とか宇宙に関する内容であることがわかる。   勉強しているのだ。 目つきは熱中そのもの。   なんじゃこいつら と思ってよく見ていると、制服の襟元にアルファベットが書いてある。     K・・・・ E・・・・・ I・・・・・ O・・・・・・     KEIO・・・・     ・・・・・     慶應!!!     よく見ると、見覚えのある、ペンをクロスさせたロゴマークがついているバッグを持っている。 この年齢で慶應・・・・そう、 慶應義 (さらに…)

【人生の五心シリーズ】 人生の垂心 〜Orthocenter〜

  人生の垂心 〜Orthocenter〜   いつからでしょうか。 努力することを辞めました。   学生時代、スポーツと勉強で無双し続けていればそんな発想に至らなかったと思います。   自分という人間の運用で勝負すると、 疲れる 勝てない 体がいくらあっても足りない 実りが少ない ということに気付いたのです。     優位な戦力差のあるゲームでは、頭を使う必要がありません。 単細胞に、愚直にバトルすれば良いのです。必ず勝てます。   劣位な戦力差にあるから、頭を使う必要があるのです。 戦いを略すると書いて、「戦略」と読みます。   まず、 学歴競争 出世競争 を略そう、と考えました。これでリソースが浮きました。 人生の新たな戦略目標は、既存の山を登ることよりも、むしろ自分の山を作ることです。 もちろん、その世 (さらに…)

huppé éclat

huppé éclat 陰陽のTalk mature(トーク・マチュア)   全ての陰キャラは、その意図意識如何を問わず、 結果的に「自己中心的」である   その真実を知った時、ボクは、自分と世界に絶望した 思えば、自立の始まりだった     「コミュニケーションが上手だね」、「なんかモテそう」とよく言われる。   その度に、 「インキャだよ」 と返している。   すると決まって 「嘘だ」 と言われる。   嘘じゃない。 学生時代、自分がどういう器だったのか、自分がよく知っている。 集団の一番中心にいるようなタイプでは無かった。   銀河系における太陽のポジションではなく、良くてせいぜい金星。   何より、「陰・陽」を本当に決定づけるポイントはそこじゃない。 ボクはその深淵を知っている。   (さらに…)

【人生の五心シリーズ】 人生の内心 〜Inner center〜

人生の内心 〜Inner center〜   好きなことを仕事にする 情熱を持てることを仕事にする 割り切って仕事をする   この3つの選択肢のうち、10年後の幸福度が最も高かったのは、cなんだそうです。 好きなことを「仕事」にしてしまうとやがてそれは好きなことではなくなり、情熱を持てることを仕事にすると期待を裏切られてやる気を無くす。 好きと情熱が消えるだなんて、なんだか結婚に似ていますね。   そうです。 私は割り切ってきました。   仕事に悩むのはそもそも仕事をしたく無いからです。少なくとも純粋無垢な小学生の時に自然発生的に仕事がしたい、と思ったことはありません。 となると、いかに時給を上げていくか。 そして願わくば、いかに分母である「労働時間」を0に近づけていくか。つまり働かないか。     さらに、 焼け野原で一文なしに (さらに…)

【人生の五心シリーズ】 人生の傍心 〜Excenter〜

  人生の傍心 〜Excenter〜   引き際を間違えると、人生、大変なことになります。 80年〜100年ある人生において、早々にその全体設計が決まってくるポイントがある。それは、人生時間が有限であることから導き出される制約条件・構造条件でもあります。   だからこそ、麻雀やポーカーと同じく、人生をうまくコントロールしたければ「捨てる」という区切りを戦略的に打たねばならない。何かに流され、何かをダラダラ続けていれば物事は変わらない。そして自覚無しにポイントオブノーリターンを越えてしまう。 「始め方」以上に、「辞め方・終わり方」は難しい。   何をやるか、どうやるかなんて瑣末な議論でしかない。 もっと大事なことは、有限な人生時間の使い方という配分論です。会社経営においても、部長以下が必死に仕事に向かっている中で、トップマネジメントは、いつどれにどれだ (さらに…)

西園寺急行MA線 快速 FIRE行き 「仕事術ライナー」

いつも、ΣR、西園寺急行をご利用頂きまして誠にありがとうございます。   この列車は、停滞中でお急ぎの皆様をお連れして、終点の幸福限界千四十五まで、仕事術各駅停車致します。 ※メルマガです。返金保証はありません。   価格10万円   お申し込みはこちら     尚、「【The First Class】時給が高い人のためのインフォ・マーケティング・エッセンシャルズ」にご参加頂いた方は、こちらの「仕事術ライナー」にもフリーパスでお乗り頂くことが可能です。裏口でのご案内をさせて頂きます。 → Thank you for using the SAIONJI KYUKO rapid service MAline bound for KOFUKUGENKAI SENYONJUGO. This is the ΣR from the sticking p (さらに…)

白のポケットコピースタイル

  “誰のせいで売れないのか” 四人の責任者 ===========   私は社長です。 商品が売れなかったとしたら、以下の四人の責任者を呼び出します。   広告担当 企画・マーケ担当 商品開発担当 オペレーション担当   まず、単純に、商品の存在が知られてない・広まっていないのなら、広告担当者を詰めることになります。「”広”めて”告”げる」という広告の本懐が出来てないわけです。また、広告自体はインパクトがあるのだけれど、「で、あのCM、なんのCMだっけ?」「何を売ってたっけ?」となるようなクリエイティブを作っている場合も同罪です。詰められた人は、オウンドメディア担当、ペイドメディア担当、アーンドメディア担当、オフライン店舗担当などを詰めに行くでしょう。   広告の出来は良いけれど、商品が売れ (さらに…)

資格と学歴の要らない生き方 『無免許運転』

キャリアの無免許運転 「もう二度とこんなことはしないと 決めた生き方について」   こんにちは 西園寺貴文です。 苦手なものは安定で、得意なものは不安定です。情緒と生き方が安定していません。安定した組織で安定したルーチンを回すことを極めて不得手としており、逆にレールから外れて道なき道を道を走ることを至極得意としております。 そうです、隣の部署でどこのどいつが働いているのかもわからず、細分化された仕事を担当しながら大組織の駒としてクルクル回るみたいなことの対価として、安定、福利厚生、ステータスを与えられるとしてもピンと来なかったタイプの人間です。 そのため、私は、貴方を「レールから外れた世界でガイド」することができます。なぜなら、私はカオスの中に法則性を見つけることができるからです。それは自らの人生に対して主導権を握ることでもあります。リスクとリターンは表裏一体で、そこには自由があ (さらに…)

市場理解解析 マーケットリーディング

  こんにちは、西園寺です。 1日で100万円をスマホポチポチしているだけで稼ぎました。   例によって、長いお手紙になります。 普段とは少し違った内容になりますが、興味がある人だけ読んでください。   ちょっと、コピーライティングとかセールスのお作法を忘れて、普通に書きます。     突然ですが、貴方は、私、西園寺貴文を「何者」だと思っているでしょうか。 人によっては私のことを起業家、事業家、商人、文筆家、コピーライター、マーケター、商材屋、アフィリエイター、コンサルタント、資産家、 ・・・・ニート、無職と思っている人もいるでしょうし、中には思想家、教育者と形容される方もいます。 もしかすると捕まっていないだけの詐欺師と思っている人もいるかもしれません。   ここで今更のカミングアウトですが、実は、私のキャリアで一番長いのは、「 (さらに…)