成功者から学ぶ成功哲学

セクハラオヤジとか、勘違い野郎と言われない方法は24歳以上の女性に手を出さないこと

  セクハラオヤジとか、勘違い野郎と言われない方法は24歳以上の女性に手を出さないこと オンナはいつだってハタチが良い 変な知恵や、処世術身につけ始めたオンナは相手にしないのが1番良い   JKとかと触れ合えばわかるよ すんげーかわいい、素直だし    ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男saionji general trading & business development お仕事は、無職ですが人より課税されています。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られる (さらに…)

数学なんてくそくらえ!と言いながら数学的分析をかけ、車なんて無駄だ!と言いながら車買い、時計に金使うなんて無駄だ!と言いながら高級時計を買う、それが西園寺

  数学なんてくそくらえ!と言いながら数学的分析をかけ、車なんて無駄だ!と言いながら車買い、時計に金使うなんて無駄だ!と言いながら高級時計を買い、働きたくないから働いても資産家になり、女なんて腐ってる!と言いながら女とキスして至上の喜びを感じる、それが西園寺  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男saionji general trading & business development お仕事は、無職ですが人より課税されています。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな (さらに…)

【The profile】 孫正義は東大は楽勝だった?生い立ち、名言、自宅・・・。日本一の起業家、孫正義の人生とアナタの人生を比べてみよう!

    僕は決して世の中を大きく変えるような発明したわけではない。何か1つだけ平均的な人と比べて僕に特徴的な能力があるとすれば、それはパラダイムシフトの方向性とその時期を読むことに関心が強いということだ。目の前の2〜3年の小銭を稼ぐようなことに僕は興味がないんだ。10年後20年後に花を咲かせるものを種の段階で嗅ぎ分ける能力とそれに対してリスクを取りに行く覚悟が僕は人より強いのだと思う ー孫正義     私は孫正義が好きです。 面白い。   私に言わせれば、日本一の起業家・冒険家です。 この人以上の人材は日本にはいません。 私がどれだけ孫さんのことをすごいと思っているかというと、孫さんが考えることに関して、 精査する気が起きない 反論する気が起きない というのがあります。すなわち、孫さんが考えてることややってることに対して、何か穴や欠陥が見つ (さらに…)

欲望はモチベーションを上げ運気を下げる。理性は運気を上げてモチベーションを失わせ生きる意味さえも奪う。

  欲望はモチベーションを上げ運気を下げる。理性は運気を上げてモチベーションを失わせ生きる意味さえも奪う。 この世は、合理的に、理性的に考えすぎると、結局生まれたことが間違いであることや、人間が地球一の害虫であることに気づいてしまうのだ。生きている意味の虚無感にも気づいてしまう。 一方、欲望は生きる喜び、目的、意味、意義、あらゆるものを与えてくれる。モチベーションの源泉である。ただ、欲望は運気を下げてしまう。欲望に駆られた行動は成功確率を下げてしまうのだ。 ここに矛盾が発生する。 欲望無くして、理想や願望やモチベーションは湧いてこない。欲望無くして感情は無い。しかし、欲望と感情は人を狂わせる。だから、どこかの段階で、欲望起因で立てたゴールのプロセスについて、理性的に辿るシーンが必要になる。結局のところ、その知性に、惚れて欲するものがやってくるのだ。 乗ってしまった船だから という (さらに…)

人生は果敢な冒険か、無のどちらかだ

人生は果敢な冒険か、無か、そのどちらかしかない。 クローズアップすれば悲劇に見えるものも、ロングショットで見れば喜劇に見えたりする。 俺は冒険する。  ===マイルドヤンキーでもなく、意識高い系でもなく、「ハードニート」@西園寺貴文(憧れはゴルゴ13)#+6σの男saionji general trading & business development お仕事は、無職ですが人より課税されています。「0」は無限だと信じたい。賽は投げられたのだから。Lose Yourself , Change Yourself.(我を忘れろ、クソな自尊心を手放せ、お前の全てを何かに捧げろ。そして己を変えろ。)「遊び心」「粋」「真面目に不真面目」 (組織と他人に縛られるのが大嫌いな人) "強くなくては生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。" "世界は変えられなくても、人生ぐらいは変えら (さらに…)

内田篤人のサクセスストーリーを見て思った事

youtubeでたまたま目に付いた、内田篤人選手のサクセスストーリーを見ていました。 いやぁ、驚きですね。 本田さんも、長友さんも、内田さんも、今や日本を代表する「凄まじい」選手、しかもワールドクラスの選手ですけど、実はエリート街道をひた走りしてきたわけではないんだな、と知ると本当にびっくりします。   島田紳助の話を思い出した 内田選手のサクセスストーリーを見ていると、島田紳助さんの成功法則の話を思い出しました。 成功=努力×才能×時代(環境と読んでもいいでしょう) このうち、自分でコントロールできるものは「努力」だけです。だからこそ、努力をマックスでやることを覚えなさい、というのが紳助の語る成功法則の要諦です。努力をマックスでやっていれば、いつか必ず成功できるというのが紳助の持論。 なぜなら、才能がなければどれだけ頑張っても芽が出ないのだから、努力を常にマックスにキープして、 (さらに…)

サイバーエージェント・藤田晋 起業成功の理由を独自分析

このブログをいつもご覧の受講生方は、インターネット広告事業に携わっていることになります。 そんなネット広告事業において、筆頭の企業といえばサイバーエージェント。amebaの会社ですね。IT第二世代の有名起業家であり、26歳で当時最年少上場を果たした藤田晋氏の「起業成功の理由」を、上場までの期間に絞って独自分析したいと思います。   1:青山学院大学出身 福井県の田舎ご出身の藤田さん。 18歳までは福井県の田舎にいて、大学から青山学院大学に。のちに詳しく説明しますが、「MARCH」の一つに数えられる青学に入学したことは、まず藤田さんの成功理由の大きなポイントになっています。 大学は5年かけて卒業、真面目な学生ではなく麻雀ばかりしていたという点ではホリエモンとも似通った大学生時代ですが、「青学」に入ったということがかなり重要なポイントです。 (良い大学に入ることの効用についてはこちら (さらに…)

テイラースウィフト(Taylor swift)は一体何がすごいのか。

少し前に、ダウンタウンが坂上忍と酒を呑む番組で、「芸能界で成功し、生き残っている人たちはみんな頭が良い」と語っていました。 (そんな大御所ダウンタウンが、AKBの指原を褒めちぎっていたのが印象に残っています。指原さんがAKBの全盛期に落ちこぼれだったのに、相当出世しましたよね。。。。)   芸能界で成功し、生き残り続ける人間は、頭が良い。   さて。 誰もが知る「激戦区」、芸能界。 特に、アメリカは日本の比ではないでしょう。 そんなアメリカで、今、もっとも注目を集めているアーティストの筆頭として、「テイラースウィフト(Taylor Swift)」の名前は必ず挙げられるのではないでしょうか。   こちらは、彼女の代表曲(?)といえる、「We are never ever getting back together」。 「私たちは絶対に一緒の状態に戻ることはない( (さらに…)

本田圭佑という人生の成功者

あなたは本田圭佑という男をご存知だろうかー。 日本人で、この男の名前を聞いたことがないという人はいないでしょう。 2016年現在、この本田圭佑という金髪の日本人は、イタリアの名門サッカークラブ、ACミランで10番を背負い活躍しています。 サッカー好きの20代、30代なら共感いただけると思いますが、我々が小学生・中学生の頃は、日本人があのACミランで10番をつけてプレーすることなど考えられませんでした。 小学校の卒業文集で、これほどの達筆で将来のビジョンを明確に語り、そしてそれを実現している男。 本田圭佑。 芸人にネタにされるほど、独特のキャラクターやパブリックイメージが確立している男。本田圭佑。 改めて、彼の魅力に迫ってみましょう。   本田圭佑のプロフィール 本田圭佑は大阪府摂津市出身のプロサッカー選手です。 生年月日は1986年6月13日。 2016年で30歳になります。 現 (さらに…)

話題のSMAP元マネージャー、飯島三智さんのマーケティング力

SMAP育ての親である飯島さん。この人、調べたら本当にすごい。今のSMAP、いや今のジャニーズがあるのはこの人のおかげと言っても過言ではないのかもしれない。 SMAPが結成されたのは1988年だが、当初の扱いはかなりひどいものであった。今となっては国民的大スターであるSMAPだが、デビュー当初から華々しい活躍をしていたわけではない(そしてこの点についてはメンバーたちも各所で話をしている)。 91年、SMAPがCDデビューを果たした際には、それ以前に絶大的な人気を誇っていた光GENJIのブームが終焉し、芸能界全体がアイドル氷河期に入っていたという。テレビ番組側も歌番組を減らし、アイドルが出演できる機会も、バーターとして入っていける隙間もなかったのだそう。 事務所からはまともな支援を得られず、しっかりとプロモーションもしてもらえず、CDはいまいち売れない。一時期は別会社に所属を移され、マネージ (さらに…)